日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

2019-04-13から1日間の記事一覧

【#海外の反応】【動画あり】韓国人「韓国人乗客がUFOを目撃!済州航空旅客機の窓から6機の編隊飛行をするUFOを撮影!」 韓国の反応

[海外の反応コーナー] 韓国人「これって門前払いだろ?」米韓首脳会談の単独会談は、たったの「2分」で終了 韓国の反応。 【韓国の反応】トランプ大統領、米韓首脳会談を2分で終わらせて共同発表文もなし 青瓦台は「虚心坦懐な協議をした」と発表。 韓国人「…

【#ハンギョレ】訪米終えた文大統領、金委員長の説得という課題を解決できるか

トランプ大統領の対話意思と文大統領への信頼を確認 制裁緩和や“スモール・ディール”など具体的なカードはなく トップダウンの方式に基づき、金委員長の決断を説得する見込み トランプ大統領の「人道支援」、「段階的解決」発言もテコに ドナルド・トランプ…

【#ハンギョレ】[ニュース分析]“韓米→南北→朝米”非核化三角軸外交が再始動

韓米首脳会談で対話の動力を回復させ 3回目の朝米会談の開催可能性を確認 文大統領「近い将来、南北会談推進」 トランプ「北朝鮮の立場を早く知らせてほしい」 文在寅(ムン・ジェイン)大統領とドナルド・トランプ米大統領は11日(現地時間)、米国ワシントンで…

【#ハンギョレ】南北首脳会談は4月末前後に行われるか

南側は準備できるが、北側の反応がカギ 文大統領が要請したトランプ大統領の訪韓にも関心集まる 5月~6月に南北米会談が実現するかどうかにも注目 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が11日(現地時間)、ワシントンで開かれたドナルド・トランプ米大統領との韓米首…

【#ハンギョレ】金正恩委員長「対外的国家首班」兼任か…側近の中庸で大幅な世代交代

第2期金正恩体制発足 金委員長「国家首班」になったか「最高首位」の国務委員長に再推戴 憲法改正で地位を高めた可能性も 崔竜海、権力序列第2位に 新設された国務委員会第1副委員長に選出 最高人民会議常任委員長も兼任 91歳の金永南、21年ぶりに退く 主要…

【#ハンギョレ】北朝鮮の対米外交ラインが躍進…チェ・ソンヒの“全盛時代”?

キム・ヨンチョル、リ・スヨン、リ・ヨンホが国務委員に再選出 チェ・ソンヒ、ノ・グァンチョル国務委員が新たに進入 チェ・ソンヒ、党中央委員直行で最高人民会議外交委委員職も 金正恩2期対外関係、“安保外交”→“外交安保”に重心移動 4日連続で行われた朝鮮…

【#東亜日報】「金正恩氏にビッグディールを説得してほしい」、釘を刺したトランプ氏

トランプ米大統領が、北朝鮮に対して非核化の過程を分ける「スモールディール」ではなく「ビッグディール」を継続して推進することを再確認した。非核化までは開城(ケソン)工業団地、金剛山(クムガンサン)観光の再開も適切でないと一蹴した。文在寅(ム…

【#東亜日報】福島県産水産物禁輸で勝訴、国民の食卓保護と通商関係の調和が今後の課題だ

韓国が、日本との福島県産水産物の輸入規制をめぐる貿易紛争で最終勝訴した。これにより、今後も当分の間、私たちの食卓には福島県など日本の東北地方8県の水産物は上らない。今回の判決は、世界貿易機関(WTO)紛争の中でも異例の結果だ。衛生・植物衛…

【#東亜日報】水産物訴訟を裏返した韓国、大騒ぎとなった日本

福島周辺地域の水産物輸入禁止を巡って韓国と日本が繰り広げた貿易紛争で、韓国が勝訴したことで、福島を含む東北地方8つの県の水産物が今後も、韓国の食卓に上がることができなくなった。11日(現地時間)、世界貿易機関(WTO)の上訴機構は、日本が…

【#中央日報】【写真】大韓民国臨時政府要人の表情が鮮明に

日帝に対抗して戦った大韓民国臨時政府の要人が光復(解放)直後の1945年11月3日、帰国を控えて中国・重慶の臨時政府庁舎の前で撮影した写真。色あせた小さな写真として残っていたこの場面を、SKテレコムが「5Gスーパーノバ」技術を利用して20…

【#中央日報】河野外相「訪日観光客750万人…水産物輸入規制は意味ない」

世界貿易機関(WTO)の上訴審の結果に基づき日本8県産の水産物に対する輸入規制を維持するという韓国政府の決定に対し、日本政府が「意味のない輸入規制」と反論した。 河野太郎外相は12日午後の記者会見で「韓国から日本に750万人が来て和食を楽し…

【#中央日報】釜山市、強制徴用労働者像を撤去…市民団体が反発

釜山市(プサンシ)が12日、東区草梁洞(チョリャンドン)の鄭撥(チョンバル)将軍銅像付近に設置された強制徴用労働者像(労働者像)を強制撤去したことについて「造形物設置のための法的手続きを履行していない不法造形物設置に対して行政措置を避けら…

【#中央日報】「韓国人であることが誇らしい」…文大統領、訪米中に受けた手紙に感動

1泊3日の米国公式実務訪問日程を終えて帰国した文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、現地の韓国人から受けた手紙を公開し、感謝の意を表した。 文大統領は12日午後に帰国した直後、ツイッターで「ワシントンである母親の手書きの手紙と太極旗(韓国の国旗…

【#中央日報】文大統領、訪米日程を終えてソウル到着

韓米首脳会談のため米国を訪問していた文在寅(ムン・ジェイン)大統領が12日午後、1泊3日間の日程を終えて帰国した。11日(現地時間)にトランプ大統領と首脳会談をした後、ワシントン・ダレス国際空港で大統領専用機に搭乗して米国を出発した文大統…

【#中央日報】【社説】残念な韓米会談…性急な南北会談は避けるべき

ハノイ米朝首脳会談の決裂後に初めて開かれた11日の韓米首脳会談が特に成果なく終わった。非核化交渉を持続させるために文在寅(ムン・ジェイン)大統領が望んだ対北朝鮮制裁の緩和や3回目の米朝会談の早期開催も、トランプ大統領の前向きな確約を引き出…

【#朝鮮日報】水産物禁輸、一審覆したWTO判決に韓国専門家も驚き「意外だ」

「まだ知られていない被害が出る可能性ある」との主張が受け入れられる WTO「日本産水産物輸入禁止、差別ではない」一審で敗訴も二審で勝訴 日本「原則ない判決」と反発…安倍首相、水産庁長官呼び対策会議 「福島原発事故が起きた日本の魚が食卓に上るのでは…

【#朝鮮日報】【社説】この韓米首脳会談は一体何だったのか

11日にワシントンで行われた韓米首脳会談の結果を伝え聞いた国民は「一体何のための会談だったのか」という疑問を誰もが抱いている。北朝鮮の非核化をめぐる重要な争点について、「全てにおいて両首脳の考えは違う」という事実を改めて確認しただけで終わっ…

【#朝鮮日報】韓米首脳会談:1対1会談は実質2分間、懸念通りの結果に

夫人同伴の会談29分間中、冒頭発言とトランプ大統領への質疑応答で27分間 「マスターズ・ゴルフ誰が優勝すると思う?」など14の質問はトランプ氏が回答独占 11日(現地時間)、米ホワイトハウスで行われた韓米首脳会談は昼食会を兼ねて116分間行われたが、文…

【#朝鮮日報】韓米首脳会談:ハノイに続きワシントンでもノーディール

文大統領が提示した仲裁案にトランプ大統領「3回目の米朝首脳会談を急ぐ必要はない」「今はビッグディールが必要な時」制裁緩和などで意見の違いが明確に 文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米国のトランプ大統領は11日(米国時間)にホワイトハウスで首脳会…

【#朝鮮日報】韓米首脳会談:「虚心坦懐」…成果なしを認めた韓国大統領府

韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は11日(米国時間)、韓米首脳会談の成果について説明する際、複数回にわたり「両首脳は虚心坦懐(たんかい)に意見を交換した」と述べた。しかし「虚心坦懐」という表現は外交関係者の間では「それぞ…

【#朝鮮日報】韓米首脳会談:聯合テレビ放送事故、総責任者も問責

聯合ニューステレビが12日、報道本部の責任者たるキム・ホンテ報道本部長兼常務理事を解任した。今月10日、聯合ニューステレビは韓米首脳会談関連の報道で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の写真の下に人民共和国旗(人共旗。北朝鮮の国旗)を表示する「事…

【#朝鮮日報】【萬物相】韓国政府の支援を受ける聯合テレビの放送事故

韓国政府の支援を受けているテレビ局が4月10日、韓米首脳会談を報道する際、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の写真の下に北朝鮮の「人民共和国旗」(人共旗)を付した映像を放送した。「放送事故」だった。テレビ局側は「文大統領が米朝対話を仲裁する…

【#朝鮮日報】【コラム】文大統領家族のうわさ、韓国大統領府は説明責任を果たせ

妻の金正淑氏が日本の茶道にはまり、娘のタヘ氏も日本留学 産経新聞の記事に沈黙を守る大統領府 国民の知る権利はどうなる 朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領の「セウォル号沈没当時、空白の7時間」を記事にしたソウル支局長が起訴され、韓国で裁判まで受けた…

【#朝鮮日報】【コラム】科学ではなく信念・理念優先が招いた韓国4大河川せき撤去

行き過ぎた信念は時に理性から遠ざかる。気候変動を世界に訴え2007年にノーベル平和賞を受賞した米国のアル・ゴア元副大統領もそうだった。09年に米ロサンゼルスで行われたTED(大規模講演会の主催団体)講演会場の片隅で、ゴア氏はスウェーデンの統計学者ハ…

【#海外の反応】米専門家「文在寅大統領、トランプ説得に大きな進展は無かった」 韓国の反応

[海外の反応コーナー] 米専門家「文在寅大統領、トランプ説得に大きな進展は無かった」 韓国の反応。 韓国のテレビ局が放送事故、金正恩を文在寅の妻にしてしまう=韓国の反応。 韓国人「倭寇の電子産業はなぜ滅びたのでしょうか?」。 【海外の反応】「なぜ…