日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

大阪に「済州4・3犠牲者慰霊碑」建立

済州出身同胞、大阪の統国寺に 
済州道内178カ村から持ってきた石を配置

 大阪に済州(チェジュ)4・3犠牲者慰霊碑が建立された。大阪は済州出身の在日同胞が日本国内で最も多く暮らす地域だ。済州4・3当時、多くの済州の人々が惨劇を避けて大阪などに亡命し、そこに根をおろした。
 18日午後、大阪市天王寺区の統国寺で開かれた「済州4・3犠牲者慰霊碑除幕式」には、4・3の時に日本に渡った済州出身の在日同胞1世代をはじめ2、3世代も参加した。
 在日本済州4・3犠牲者慰霊碑建立実行委員会(常任共同代表オ・グァンヒョン在日本4・3犠牲者遺族会長など8人)が主管したこの日の除幕式では、統国寺の僧侶が犠牲者の極楽往生と平和統一を祈り、犠牲者の遺族たちが慰霊碑を除幕した。
 慰霊碑は、高さ70センチの8脚の基壇上に高さ10センチの薄い基壇五5枚を積んだ基壇部と、三角形の高さ240センチの塔で構成された。基壇の上部には、済州道内178カ村から持ってきた石を配置して、慰霊碑に意味を加えた。
 慰霊碑には、済州4・3の原因と展開過程が簡単に記録された。また4・3時期に済州道民が命を賭けて日本に渡り、今日の在日同胞社会の主軸を成したことと在日同胞の4・3真相究明運動の歴史も刻まれた。この日の除幕式は、在日同胞の募金と統国寺側の場所提供、関西済州道民協会の協賛によりなされた。
 慰霊碑建設実行委員会側は、4・3当時大阪に避難し身を守った済州道民を5千~1万人と推算している。

 日本では、4・3真相究明運動初期の1988年に東京で初めて公開的な4・3追悼式が行われ、東京と大阪で毎年4・3関連行事を行っている。

ホ・ホジュン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
http://www.hani.co.kr/arti/society/area/870820.html