日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【朝鮮日報】威嚇飛行:再発防止求めるも6日間で3回「日本の底意を疑わざるを得ず」

 韓国国防部は23日、日本の海上自衛隊に所属する哨戒機が同日、韓国海軍の駆逐艦大祚栄(テジョヨン)」(4500トン)に超接近飛行を行ったと発表した。駆逐艦「広開土大王(クァンゲトデワン)」と日本の哨戒機の間で「レーダー照射・威嚇飛行」論争が起きてから1カ月がたつが、両国の対立は解消できないどころか、ますます高まっている。韓国政府周辺からは、「韓米日3カ国の安全保障体制の両軸がぎくしゃくする総体的な危機状況だ」という声も漏れる。

 韓国軍合同参謀本部のソ・ウク作戦本部長(陸軍中将)は、国防部で緊急記者会見を開き、同日午後2時3分ごろ、韓国南方の離於島(中国名・蘇岩礁)付近の海上で日本の哨戒機が韓国海軍の艦船を明確に識別できる状況だったにもかかわらず、距離約540メートル、高度約60-70メートルの低空で接近し威嚇飛行をしたと指摘した。ソ本部長は「明らかな挑発行為と見なす」と述べた。ソ本部長は「昨年12月20日の日本による低空での接近威嚇飛行をめぐり、これまで韓国は我慢して節制した対応を取ったが、(それでも)韓国海軍の艦船に対する接近威嚇飛行を行った。こうした事実について、日本政府に確かに再発防止を求めにもかかわらず、再び接近威嚇飛行を行ったことは、日本の底意を疑わざるを得ず、強く糾弾する」と述べた。

 国防部によると、大祚栄は今回の哨戒機による接近飛行に対し、20回にわたる警告の通信を行ったが、日本の哨戒機からは特に反応がなかったという。韓国海軍は別のチャンネルを通じ、日本の海上自衛隊に「自衛権的措置を取る」と抗議したが、日本側は「友邦の航空機に自衛権的措置を取るということは非常に不適切だ」と回答した。これに先立ち、日本は18日、22日にも同様の威嚇飛行をしたという。

 日本の岩屋毅防衛相は同日夕、「(韓国に)脅威となるような飛行はしていない」として、韓国国防部の発表内容を否定した。

 日本の哨戒機による接近威嚇飛行は23日、離於島南西沖131キロメートルの海上で起きた。韓国の防空識別圏の外郭に位置する公海上であり、哨戒機は周辺海域で午前10時50分ごろに大祚栄のレーダーに捕捉された。事件が起きたのは午後2時3分だった。日本の海上自衛隊に所属するP3哨戒機が大祚栄から540メートルを高さ60-70メートルで旋回飛行した。昨年12月に独島(日本名・竹島)周辺でレーダー照射・接近飛行問題で対立した当時、日本のP1哨戒機は広開土大王から500メートルの距離を高さ150メートルで飛行した。今回は飛行高度が前回より低かったことになる。韓国海軍関係者は「頭上でけたたましい哨戒機の騒音が聞こえるほど脅威を感じる状況だった」と話した。

 大祚栄は日本の哨戒機による接近飛行に20回余りにわたって警告通信を行った。大祚栄は「貴軍は韓国側に接近している。経路を離脱せよ。これ以上接近すれば自衛権的措置を取る」と警告したが、哨戒機は応答することなく、約35分にわたり大祚栄の周辺を旋回したという。その後、韓国海軍が韓日の直通ネットワークを通じて抗議すると、日本側は「友邦であり、識別できる航空機に自衛権的措置を取るというのは非常に不適切だ。撤回を求める」と反応したという。

 韓国海軍は再び「相互に識別できるにもかかわらず、距離900メートル以内、高度60メートルで接近飛行することは韓国艦船の安全に脅威を感じかねない飛行だ」と申し入れたという。ただ、日本の哨戒機が韓国側に追跡レーダー(STIR)を照射することはなかった。韓国軍関係者は「光学カメラとビデオカメラで当時の状況を全て撮影した。追跡レーダーの使用は相互の敵対行為と誤認される可能性があるため、平時には使用が禁止されている」と話した。

 韓国軍は今回の接近飛行以前にも日本側による接近飛行が2回あったことを明らかにした。18日には蔚山港の南東83キロメートルの地点で日本のP1哨戒機が韓国軍駆逐艦「栗谷李珥(ユルゴク・イ・イ)」から1.8キロメートルの距離を高度60-70メートルで飛行し、22日には済州島の南東沖95キロメートルで日本のP3哨戒機が韓国軍の揚陸艦「露積峯(ノジョクボン)」から3.6キロメートルの距離を高度30-40メートルで飛行した。韓国軍関係者は「23日の威嚇飛行は明確な(挑発)意図が確認できたが、18日と22日は哨戒機の速度が遅く、意図があるかどうかはあいまいだった」と説明した。

 韓国軍周辺からは日本による今回の超接近飛行が意図的なものだったとの分析が聞かれる。日本は21日にレーダー照射・接近飛行問題で韓日による実務接触の中断を宣言し、2日後の23日に大祚栄の周辺で接近飛行を行った。韓国国防安保フォーラムのシン・ジョンウ事務局長は「最近韓日間で対立があり、韓国軍が接近飛行に敏感になっている状況で接近したことを考えると、意図的な接近である可能性が高い」とした。峨山政策研究院のシン・ボムチョル安保通信センター長は「昨年の広開土大王と日本の哨戒機による事態がハプニングだったとすれば、今回は意図的な挑発であり、厳重に抗議すべき事案だ。韓国も日本の艦船に対する哨戒機の接近飛行など類似する行動で対応すべきだ」と指摘した。ただ、シン氏は「対立が長期化するのは好ましくない。国防・外交閣僚会談や韓米首脳会談で問題を解決し、韓日関係がさらに悪化しないように管理しなければならない」と主張した。

 これとは別に韓国軍が最近の状況判断を誤っているのではないかとする批判もある。鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は記者懇談会で、「(最近の事態は)政治的意図があるのではないか。(21日の実務接触中断宣言は)論理的に国際法的に韓国の主張を乗り越えることができないために取った『出口戦略』だ」と指摘した。しかし、日本はほぼ同じ時刻に大祚栄に対する超接近飛行を行っていた。鄭長官は発言後、参謀から日本の哨戒機による威嚇飛行について報告を受け、急いで席を立った。元予備役幹部A氏は「18日と22日にも日本が同様の威嚇飛行をしていた状況で、韓国の国防最高責任者が事態をしっかり把握できず、『希望的思考』に陥っていたという批判は免れない」と語った。

 韓国国防部は23日の事態を受け、在韓国日本大使館駐在武官2人を呼び、抗議を行い、日本側に再発防止策を求めた。

梁昇植(ヤン・スンシク)記者