日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【#中央日報】【時視各角】韓国を代表する政治学者の「官製民族主義」警告

民族主義的な熱情は政治的に管理される必要がある。民族自体は崇高だ。そこに主義という理念がついて熱情という火が加わる時、崇高は消えて国は危険になることもある。

代表的な事例がベネズエラだ。豊かだった石油経済が崩壊し、国民の平均体重が1年間に11キロも減った。人口の10%以上が海外に出て行った。さらに一国に2人の大統領が角逐する最悪の災難国となった。ベネズエラの惨劇は1999年のウゴ・チャベス民族主義社会主義から始まった。過去20年を振り返ってみると、チャベスと彼の後継者ニコラス・マドゥロ民族主義は種族主義にすぎなかった。反米という政治的な目的に服務する手段だった。彼らの社会主義は安物の政治商品だった。分配の天国という幻想を維持するために国庫破綻を美化する名分にすぎなかった。ベネズエラの反米種族主義は国家の破壊と国民の解体で幕を下ろしつつある。

韓国は左派民族主義性向の文在寅ムン・ジェイン)政権が統治する。この政権が金大中(キム・デジュン)政権当時に青瓦台(チョンワデ、大統領府)政策企画委員長を務めた崔章集(チェ・ジャンジブ)高麗大名誉教授の警告に耳を傾けることを望む。崔教授は15日、三・一運動100周年記念学術大会で「文在寅政権が推進する歴史清算、特に親日残滓の清算は…官製民族主義(official nationalism)の典型的な姿とみられる」と批判した。「韓国民族主義の多声的性格について」と題した発表文でだ。崔教授は「歴史は官製教育ではなく学界と市民社会の自由空間の中で」行われるべきであり「(日帝清算)官製キャンペーンは現政権が正当性の根拠を南北の歴史的正統性と結びつけようという意図」と述べた。

文大統領が三・一節(独立運動記念日)の演説で言及した親日清算について、崔章集教授は「これまで進歩をパルゲンイ(赤い奴、共産主義者)と攻撃してきた保守に向けた表現」と解釈した。保守は過去を忘却して歴史意識もなく独立運動を軽視する存在に堕落した。文大統領の清算対象は保守自体だ。官製民族主義の問題はまず、歴史清算をするほど分裂と葛藤が深まるという点だ。2つ目は日本をナチスに例えたり悪魔化して政治空間が閉鎖する点だ。

崔章集教授は韓国の代表的な政治学者であり進歩陣営の人物と認識されてきた。それだけに崔教授の発表は文在寅執権勢力と支持層に衝撃を与えるだろう。発表文の後半部には、同じ民族だからといって北朝鮮と1民族1国家体制、すなわち民族統一国家を必ず追求しなければいけない理由はないという主張が出てくる。自由主義的な民主主義の価値と市場経済的な資本主義の実体を民族主義的な情緒よりも重視する態度だ。民族主義的な熱情にとらわれてこの政権が招きかねない危険と過ちを指摘したのだ。

筆者はかなり以前から卓越した民主主義国家の自由韓国が封建意識で疲弊した全体主義的な一人王国の北朝鮮と統一する必要を感じることができなかった。同じ民族であるドイツとオーストリアが2つの国として共存するように、韓国が北朝鮮と別の国としてお互い挑発なく暮らせばいいと考えた。この国の数十年間の運動圏勢力が分断体制論を云々しながら北朝鮮とあたかも一つの祖国にならなければいけないように振る舞う姿が納得できない時があった。民族主義的な熱情が無能だったり愚かだったり政治工学的な権力と結びつく事態を警戒した。崔教授の主張は偽善と虚偽意識が支配的な現在の政治風土で久しぶりに接した正鵠を得た論文だ。2010年の崔教授の『民主化以後の民主主義』以上の視点を我々に投げかけている。

チョン・ヨンギ/中央日報コラムニスト