日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【#中央日報】米高性能偵察機、次々と韓半島へ…北朝鮮監視か

米国がE-3(早期警戒管制機=AWACS)に続いてグローバルホーク無人偵察機など高性能偵察機を順に韓半島朝鮮半島)に投入しているという。

民間・軍用航空機の飛行を追跡するCivMilAirによると、米空軍の高高度偵察機U2と推定される機体が韓半島上空で確認された。航空システム上80-1066の機体登録番号で「U2タイプ」に分類されるこの機体は6万フィート(1万8288メートル)まで飛行したことが把握された。また米空軍の無人偵察機グローバルホーク(RQ-4)と推定される機体もこの日、韓半島上空2万1500フィート(6553メートル)で確認された。

前日(18日)には日本嘉手納基地のE-3が東海(トンヘ、日本名・日本海)を渡って烏山(オサン)基地に着陸した。軍当局者は「E-3が今月18-29日に実施される韓米空軍連合戦闘探索救助訓練パシフィックサンダーのため18日から2日間、韓半島に留まっている」と説明した。このほか嘉手納基地の偵察機RC-135WとRC-135Uも最近、韓半島近隣で随時作戦を展開したという。

これをめぐり、2回目の米朝首脳会談の決裂後に北朝鮮が「交渉中断の可能性」に言及して反発したことで、米国が対北朝鮮抑止力を強化するレベルの対応という分析が出ている。特に北朝鮮が最近、平安北道東倉里(トンチャンリ)など各種軍事施設でミサイル発射に関連する兆候を見せる中、北朝鮮の動きを綿密に監視しようというレベルともみられる。元軍関係者は「通常、軍用機が作戦を展開する時は位置発信装置を消して運航するのが一般的」とし「CivMilAirの表示が事実なら、北に対して下手に動くなというメッセージを伝えるために米軍が意図的に作戦中であることを知らせた可能性がある」と話した。

U2は地上25キロの成層圏を飛行し、地上の直径10センチの大きさの物体を識別できる能力を持つ。昨年末からしばらく作戦に投入されていなかったが、最近、姿を現した。韓国軍が近く導入する予定のグローバルホーク無人偵察機は地上20キロの高度で飛行し、38-42時間ほど空中で作戦を展開できる。夜間や雲に覆われている時も精密観測が可能な探知装備を搭載している。

E-3早期警戒管制機は空中を監視し、戦闘機の作戦を指揮する空の指揮所だ。ボーイング707商業用航空機を改造して胴体の上に直径9.14メートル、高さ1.8メートルのドーム型レーダーを装着し、400キロの範囲で約600個の目標物を探知でき、200個以上の目標物の相互識別が可能だ。偵察機能だけでなく、敵のレーダーを混乱させることで敵の防空網を無力化し、帰還する軍機を保護するなど指揮機の役割も兼ねる。