日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【#中央日報】最近中国人が韓国旅行を恐れる理由

「THAAD(高高度ミサイル防御)事態以降、1~2年間、韓国旅行に関連した情報量が激減した。韓国旅行情報はあふれているが、最新アップデートされた情報が減ったということだ。中国人が韓国旅行を恐れるというのは、換言すれば情報が少ない旅行地に対する恐れを意味する」

中国ソーシャル基盤の旅行情報プラットホーム「マーフォンウォ(馬蜂窩/Mafengwo)コリア」のパク・ギョンジン代表の言葉だ。パク代表は中国団体観光がいつ完全に解禁されるか分からないが、「中国バラエティ番組への韓国シェフ復帰、Webzenの版号(ゲーム流通許可権)発行」など、昨年に比べて雰囲気が楽観的であるのは事実だとみている。同時に過去2年間、特に20-30代の中国人若者層の旅行方式が大きく変わったとし、中国人旅行客を引きつけたいならトレンドの変化に合わせて情報量を蓄積することが重要だと強調した。

中国人の新たな旅行トレンドを探る「2019 Mafengwo Media Conference」が3月12日にソウル乙支路(ウルチロ)フェラムタワーで開かれた。この日、演説者は「個別自由旅行を制する者が天下を取る」「THAAD以降の空白期の間に減った韓国旅行情報量を増やさなければならない」と口をそろえた。次はマーフォンウォ北京本社のディレクター、ウェンディ氏が紹介した「2019中国人旅行トレンド」を要約したものだ。

1.IP旅行
IP(知識財産権)旅行は、簡単に言えばドラマや映画撮影地を直接訪ねる旅行をいう。一例として、中華圏有名歌手であるジョリン・ツァイとジェイ・チョウが一緒に歌った歌の歌詞の中で、プラハの広場で願いをかける内容が含んでいるが、これによってプラハ旅行に行くファンの数が増えた。

また、日本の漫画『スラムダンク』の名場面として登場し、実際の場所でもある鎌倉を訪れることも「IP旅行」に該当する。実際、マーフォンウォアプリには鎌倉を訪れてスラムダンクのカットをそのまま再現した「認証ショット」が無数に掲載されている。

最近の中国の20-30代の若者世代は伝統的に有名な旅行地ではなく、自分の趣味と関心事に沿ったテーマ旅行を追求する。マーフォンウォはこのトレンドに合うように2018年、「聖地巡礼」という商品を発売した。文字どおり「撮影名所」を「巡礼する」というプログラムだ。韓国ドラマや芸能番組が中国で人気があったことを考慮すると、韓国もIP旅行プログラムに非常に適合した旅行地だと考える。


2.網紅効果
韓国で網紅(ワンホン)というとライブ放送をするただの「インフルエンサー」だと理解している人が今のところは多いだろう。だが、中国で「網紅」という単語は人だけでなく、有名なグルメスポットやカフェ、名所まで拡張して使われている。韓国に適用して説明するなら、済州道(チェジュド)のGDカフェや江南(カンナム)のカカオフレンズストアなどを挙げることができる。今や単純に「景福宮キョンボックン)」「明洞(ミョンドン)」にとどまらず、現在韓国でホットな場所を探す中国人が増えたということだ。

3.深層体験
過去、パッケージ旅行が一般的だった時、大多数の中国人旅行客は目的地に到着することそのものを目的にした。「どこどこに行ってみた」という事実が重要だったのだ。当時、「6日のうち欧州10カ国訪問」のような商品が人気だった理由だ。
だが、最近では少し変わった。最近、中国人旅行客は海外に行った時に現地人のようにその場の雰囲気を満喫したいと思っている。一歩さらに踏み込んだ深層体験に対する需要が増え、自身の興味に合うプログラムを楽しむ旅行者が増加した。このような傾向によって、スキューバダイビングやキャンプ、バンジージャンプ、サーフィンなどアクティビティの認証ショットがますます増えている。

4.ソーシャル旅行
最後にソーシャル旅行も中国人の新たなトレンドに位置づいている。最近、関連新造語までできるほど、中国人は自身が好きで関心があることを周囲の知人と共有する行為を楽しんでいる。旅行も同じだ。行きたい旅行地や直接行ったことのある旅行地での体験をSNSでシェアすると、リアルタイムで周辺の友人も関連情報を受け取ることになり、結果的には影響を受けて同じところに関心を持って波及効果が発生する。
ウェンディ氏は、THAADが通過した空白期の間、日本が中国人の最愛旅行地として急浮上したとし、24時間以内に日本国内でマーフォンウォアプリを起動させた中国人の数だけで3万6000人に達するほどだと強調した。相対的に韓国はアップデート情報が低調だ。
2018年7-9月期を基点に中国人の韓国旅行需要は次第に増えている。マーフォンウォでも韓国の旅行地ランキングが1年前の18位から4位に上昇した。問題は過去2年間のコンテンツの空白だ。タイ、シンガポール、日本と比較した時、韓国の2018年の新コンテンツ生産率(増加率)は顕著に低い。希望的な雰囲気を現実につなげるためには「最新トレンドに合わせたコンテンツを確保」が今一番急がれるということだ。