日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【#中央日報】韓国、2月生産・消費・投資「トリプル減少」…先行・同行指数9カ月連続同時下落

先月の産業生産が前月より1.9%減り、5年11カ月ぶりに最も大きな減少幅を記録した。消費・投資も減り、3つの指標が同時に減少する「トリプル減少」が1カ月ぶりに再び現れた。

韓国統計庁が29日に発表した「産業活動動向」によると先月全産業生産指数(季節調整系列)は前月より1.9%下落した。1月3ケ月ぶりに増加傾向を記録した後、1カ月で再び減少傾向に転じたのだ。これは2013年3月(-2.1%)以来5年11カ月ぶりの最大減少幅だ。鉱工業生産、製造業生産が前月より2.6%減少し、自動車(-3.2%)、その他運送装備(-8.0%)などが振るわなかった。

設備投資は前月より10.4%減少した。2013年11月に11.0%減少して以来5年3カ月ぶりに最大幅の減少を記録した。消費を示す小売り販売額も前月より0.5%減少した。食料品など非耐久財販売が減り、乗用車販売が振るわなかった。2つの指標は共に1カ月で下落に転じた。

ここに建設業者が実際に施工した実績を金額で示す建設既成も前月より4.6%減少した。昨年2月(-5.0%)から12カ月ぶりの最大減少幅だ。生産と消費、設備投資に建設既成まで4つの指標がすべて減少したのは昨年5月以来初めてだ。

これは昨年とは違いことしのソル(旧正月)が2月にあったのが指標に影響を及ぼしたものと分析される。統計庁産業動向課のキム・ボギョン課長は「これまで成長を導いていた半導体や自動車などが振るわず、最近4カ月連続で増加傾向を見せていた造船業の生産も減った」と説明した。

現在の景気状況を示す指標である同行指数循環変動値は前月より0.4ポイント下落し、11カ月連続で下降傾向を継続した。2017年12月の0.5ポイント下落以来14カ月ぶりに最も大きく落ちた。今後の景気を予測する指標である先行指数循環変動値も0.3ポイント下落した。この指数も9カ月連続で下降している。同行指数と先行指数が共に9カ月連続で下落したのは史上初めてのことだ。