日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【#朝鮮日報】【コラム】「最悪の特使団」、その後

世間は非核化ではないと言うが、政権は非核化だと言う
世間は制裁を語るが、政権は協力を語る
誤りに誤りを重ねる…これは過ちではなく意図的なもの

 昨年3月7日付のこのコーナーに、「誤った報告が国を誤らせる」というタイトルの記事を載せた。記事を書いた6日は、対北特使団が韓国に戻ってきて「北朝鮮が非核化の意思を表明した」と発表した日だ。最初は「最悪の特使団」というタイトルを付けたが、「やり過ぎ」という先輩のアドバイスに従って改めた。対北特使団のことをそう表現したのではない。「日本で戦争の情勢は見られなかった」と報告して国難の芽を育んだ、壬辰(じんしん)倭乱(文禄・慶長の役)直前の対日通信使のことを指していた。対北特使団も、428年前の通信使のごとく誤った報告で国を亡ぼす「失報誤国」の過ちを犯してはならない、という趣旨だった。

 その後、世間は特使団が広げたじゅうたんの上で動いているようだった。冬が春に変わった。「あなたこそ現実を読み誤っている」という批判を受けた。「北朝鮮が変わっているのに、否定する根拠は何か」というのだ。研究者らは、北朝鮮が語った「非核化」なるものが、かつては在韓米軍撤収、現在は核凍結を意味すると最初から指摘していた。南北が定義する非核化の文脈は違う、ということだ。特使団は、差はないと言った。ハノイ米朝会談で霧が晴れるまで、対北特使団の「失報」に国が振り回されていたと思う。

 全く違う角度からの反応もあった。鶴峰・金誠一(キム・ソンイル)の子孫が送ってきた長文の手紙だった。鶴峰は「日本で戦争の情勢は見られなかった」と報告した通信使だった。対日通信使一行の中で、そのように語った人物は彼だけだった。子孫が送ってきた手紙の要旨はこうだ。鶴峰は、見えないものを見えないと真実を告げたのであって、真実を告げたのは動揺する民心を鎮めるためだったという。子孫の立場を反映して記事を直しつつ考えた。対北特使団も、民心を鎮めるために、聞いたことを聞いた通りに伝えただけなのではないだろうか。外交官の知恵がいかに重要かを感じた。

 子孫の手紙をきっかけに鶴峰のことを学び、機会があれば書きたいと思う話ができた。最悪の特使団、その後の物語だ。
 鶴峰が告げた敵情報告を受け入れるかどうかの判断は国王の役目だった。ところが戦争が起こると、国王は鶴峰に責任を押し付け、解任して裁判にかけようとした。だが辛うじて救われ、慶尚道招諭使(戦乱のときに民を結集させる官職)に任ぜられた鶴峰が、当時国王に啓上した報告書が伝えられている。「臣は万死も当然ながら、特別に天地のような再生の恩にあずかり…命を受けて感激し、天を仰いで涙を流しつつ、倭敵と共に生きずと誓いました」。彼が記した「臣罪、当万死」という漢文が悲壮だ。彼は激情を込めた招諭文と包容力ある指導力で官軍と義兵を一つにまとめ、晋州城の戦いを勝利に導いた。この戦いは、李舜臣(イ・スンシン)の海戦と共に嶺南(慶尚道)の一部と湖南(全羅道)の全域を死守した代表的な勝利に挙げられる。勝利の直後、鶴峰は戦場で病のため亡くなった。彼の功績は過ちの数十倍だ。学問的功績まで合わせると数百倍にもなる。

 当時、朝鮮王朝は無能だったが、責任感があった。今は、無能な上に厚かましい。こんな世相を象徴する人物が、統一部(省に相当)の長官まで務めた丁世鉉(チョン・セヒョン)氏だ。北朝鮮が露骨に核開発を行った2002年、彼は統一部の長官として「北朝鮮の核は韓国攻撃用ではないだろう」と言った。「対米攻撃用だから安心しよう」と言ったも同然だ。北朝鮮の核の味方をして、同盟を害した。鶴峰の姿勢を考えると、あれほど味方をしていた北朝鮮が核実験をやったとき、豊渓里で野宿して身をていして防いだとしても十分ではない。北朝鮮延坪島に大砲を撃ちこんだとき、身をもって砲弾を受けようと駆け付け、哨戒艦「天安」が沈められたとき、将兵を救おうと真っ先に海へ身を投じるべきだった。それが人間の責任感だ。そんな人物がいまだに生き残り、米国交渉団に向かって「インディアンを殺す白人騎兵隊長」「縁起でもない人」うんぬんと言って北朝鮮の味方をし、同盟をたたいている。現政権の周りにいる人物の処世術が大概こうだというのではない。だが、彼は本当にひどい。

 特使団と大統領に向けて「臣罪、当万死」と叫んでいるのではない。反省が必要だと言ったところで、聞きもしないだろう。問題は、現政権がどういうわけか「失報」に「失報」を重ねているところにある。世間は、北朝鮮が語る非核化を非核化ではないと言うが、大統領は、韓国国民に向かって非核化だと言い続けている。世間は北朝鮮制裁を語るが、大統領は開城工業団地金剛山観光再開を語る。目の前の犬を「羊だ」と言っている。政権の周りでラッパを吹いてまわる面々も「羊だ」と言う。これは過ちではなく、意図的なものだ。いつかその内幕が明らかになるだろう。

鮮于鉦(ソンウ・ジョン)副局長兼社会部長