日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【#中央日報】北朝鮮の崔善姫次官「愚か者に見える」…ボルトン氏を猛非難

北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官が対北朝鮮強硬派である米ホワイトハウスボルトン国家安保補佐官に向け、現在の状況把握からしっかりするようにとの趣旨で批判したと朝鮮中央通信が20日に報道した。

同通信によると崔外務次官はこの日朝鮮中央通信記者がボルトン補佐官の最近のインタビューについて質問すると、「われわれはボルトン補佐官が一度でも理性的な発言をすると期待したことはないが、それでもホワイトハウス国家安保補佐官であるなら両首脳間に第3回首脳会談に関連してどんな趣旨の対話が交わされるかということぐらいは把握して口にすべきであった」と話した。

崔外務次官はまた、「今、ボルトンのこの発言は第3回首脳会談に関連する朝米首脳の意思に対する理解力の欠如から出たのか、さもなければ自分なりにユーモア的な感覚を生かして言おうとして外れたのか、とにかく私には魅力がないものに聞こえ、愚か者に見える」と批判した。

崔外務次官は「ボルトンのこの答弁には、米国人の発言で一般的に感じられるアメリカ式才覚さも論理性も見られがたい。警告しておくが、今後も引き続きそのようなふうに事理分別なく言えばあなたたちによいことがないだろう」と警告した。

これに先立ちボルトン補佐官は17日にブルームバーグとのインタビューで、「米国にとって何が必要か」との質問に、「北朝鮮が核を放棄するとの戦略的決定をしたことを示す真の兆候だと考える」と話した。

ボルトン補佐官はまた、「非核化に向け前進はあったか」との問いに対しては、「現時点で、そう言えるとは思わない」と話し、米国は北朝鮮の非核化の意志を事実上確認できずにいるということを表わした。