日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【#NEWポストセブン】韓国の小学生が「日本の野郎ども」と連呼する慰安婦デモ密着

建て替えのため空き地になっている韓国・ソウルの日本大使館跡地。大通りを挟んだ反対側には「慰安婦像」が設置されたままになっており、日本政府に慰安婦問題での謝罪や補償を求める抗議デモ「水曜集会」の“聖地”となっている。そのデモは「令和」になっても続きそうだ。韓国在住ジャーナリストの藤原修平氏が、1384回目となる水曜集会の現場を取材した。

「日本政府は、謝罪しろ、謝罪しろ、謝罪しろ!」

 4月24日(水)の昼過ぎ、ソウルの日本大使館“跡地”前ではシュプレヒコールが響き渡っていた。慰安婦問題で日本政府からの謝罪を求める水曜集会が始まったのだ。慰安婦を象徴する少女像(慰安婦像)には花を編んで作った冠が被せてある。

 水曜集会とは1992年1月8日に始められた抗議デモのことで、毎週水曜日に行われることから名付けられた。当初の正式名称は「日本軍慰安婦問題解決の為の定期水曜デモ」であった。2017年2月1日から「日本軍性奴隷制問題解決の為の水曜デモ」に改名されて現在に至り、今回で1384回を数える。

 大学が中間テストの期間中のせいか、いつも参加者の多数を占める女子学生らの姿はなく、人数も普段の半分か3分の1程度。それでもざっと120人くらいはいるのだが、そのほとんどが小学校高学年だという。彼らは「日本政府は謝罪しろ」「世界の平和を願う」などと書いたプラカードを掲げ、嬉々としながら「謝罪しろ」を連呼している。その傍では付き添いの教師と思しき中年の男女数人が笑顔で拍手を送っていた。

 水曜集会は後半になると、参加グループの代表が歩道上に設けられた特設ステージに立つのが恒例。この日は小学生の代表が壇上に立ったが、一人の男子児童がハルモニ(元慰安婦のお婆さん)に宛てた手紙を読み始めると、会場はさらに盛り上がりを見せた。

「イルボンノムドゥル(日本の野郎ども)」

 そんな言葉が男子児童の口を突いて出てきた。水曜集会は日本政府への抗議活動の場であるが、それでも「イルボンノム」を使うのは珍しい。韓国語の「イルボン」は「日本」の意味。「ノム」は同じく「奴」とか「野郎」と訳されることが多いが、もっと強い「畜生」に近いくらいの蔑称でもある。喧嘩するときなどは「イノム(この野郎)」と言って相手を威嚇する。

しかも手紙の朗読の間、通りすがりの人でも必ず一回はその言葉を耳にするほど、「イルボンノムドゥル」が散りばめてある。通りかかったビジネスマンの顔からは思わず笑みがこぼれていた。そして少年は続けた。

「ハルモニたちは日本軍からの性暴力に耐えてきました。それはかっこいいし、だからぼくも尊敬しています。ハルモニたちが日本の野郎どもから謝罪を受けるのは当然のことです」

 通常、慰安婦問題で日本に対して謝罪を求める場合、その対象は日本政府とされる。だが、小学生が「日本政府」と「日本人」を区別するのは難しいだろう。彼の「イルボンノム」が指すのは、日本人一般と考えて良い。小学5年生から植民地時代の日本=悪とする“歴史教育”が始まるお国柄だけに、子どもがこうした文章を書いてしまうのは理解できなくもない。それでも、手紙の文面は恐らく引率の教師が事前にチェックしているはずだから、そうした蔑称に近い言葉遣いを許すのはいかがなものかと思う(日本政府が慰安婦問題で繰り返してきた謝罪と補償の「事実」が教えられていない現状こそ問題だが、ここではいったん横に措く)。

 水曜集会の参加者の間では、慰安婦像のある通りは平和路と呼ばれている。だがそこでは、反日どころか、日本人を蔑視するような発言が平然と行われ、容認されている。どうやらそれが日本人へのヘイトスピーチになるとは誰一人として思っていないらしく、その声は、道路の反対側の日本大使館建設予定地だった空き地の、そのまた向こう側のオフィスビルまで届けとばかりに張り上げられていた。慰安婦像のある場所から背面が見えるガラス張りのオフィスビルには、日本大使館が移転・仮住まいしているのだ。

 韓国の日本大使館が現在のビルに移転したのは2015年7月のこと。老朽化による建て替えのためだった。旧庁舎はすぐに取り壊されたが、地下から朝鮮王朝時代の遺跡が見つかるなどして作業は全く進まなかった。管轄するソウル市鍾路区役所は大使館側に新庁舎着工を何度も促してきたが、期限までに回答がないとして今年3月4日に建築許可を取り消したという。そもそも大使館前の慰安婦像は2011年12月4日、慰安婦支援団体である韓国挺身隊問題対策協議会(当時)が許可なく設置したものだ。日本側からすれば、毎週、目の前で反日デモが行われるその場所に、わざわざ大使館を新築する選択肢はなかったのだろう。

水曜集会を熱心に見ていた30代の韓国人女性に、訴えるべき相手が去った後も居座り続ける慰安婦像についてどう思うか聞いた。

日本大使館がかつてここにあったということを証言する意味で、少女像はこのままがいいでしょう。そして、別の場所に新しい日本大使館が建てられたら、その場所にもう一つの少女像を置けばいいんです。あるいは、日本大使館が仮住まいしているビルにずっと居続けるのなら、この空き地を平和のための公園にするのもいいでしょう。そうすれば、あのビルがここからでもよく見えるし、水曜集会も日本政府がきちんと謝罪するまで、ずっとここでできるじゃないですか」

 元慰安婦らの象徴だった金福童ハルモニが亡くなったのが、今年の1月末。支援者たちはもっと頑張ろうと誓い合っている。慰安婦像はこれからも日本大使館に付きまとうのかもしれない。