日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【#NEWポストセブン】韓国が主張する「日本人が竹島のアシカ絶滅させた」は本当か

「独島(竹島)はわが領土」と主張し、小学校の低学年から領土教育に力を入れる韓国では、「日本人が独島のアシカを絶滅させた」という通説がある。が、それは濡れ衣だという。著書『韓国「反日フェイク」の病理学』が話題の韓国人ノンフィクション・ライター崔碩栄氏が、「竹島のアシカ絶滅の真相」を解説する。

 最近の韓国の小中高の歴史教科書を見ると、私が学生だった1980年代との大きな違いを感じる。私の中学・高校時代には教科書で一字も見られなかった「独島」(日本名:竹島)、「慰安婦」などについての記述が非常に「充実」しているのだ。私が学んだ頃の教科書では、「独島」は地理の教科書に名前が記されるだけで歴史の教科書には登場していなかった。そして、「慰安婦」は社会的にも話題にさえなっていなかった。

 さらに、近年になって新しく追加された内容がもう一つある。独島に生息していた「カンチ(海驢:アシカ)」に関する内容である。カンチは現在、絶滅状態にある。

 カンチという名前は、韓国人にはあまり馴染みのあるものではない。私も2000年代以降になって初めてこの名前を聞いたように思う。そんなカンチがなぜ「生物」や「地理」ではなく「歴史」教科書に載るようになったのか?

 韓国の新聞記事を調べてみると、2000年代以前に「カンチ」という名前は、ほとんど見当たらない。カンチという名前が急に韓国社会に広がり始めたのは、島根県議会が2005年に2月22日を「竹島の日」とする「竹島の日を定める条例」を賛成多数で可決した時からだ。韓国が島根県の措置に反発し、「独島は韓国の領土」であることを強調する材料として登場させたのだ。

 2005年以降「カンチ」という動物は、韓国のテレビと本を通じて繰り返し報道、宣伝されたために、現在では子供たちや若者たちにはかわいい海の動物として馴染み深い存在となった。絵本や漫画はもちろん、教科書にまでカンチは可愛くてキュートな動物として描かれており、全国各地に建てられた独島体験館(子供たちに独島に関する情報を伝える学習館)にはカンチの模型も置かれている。

 しかし、ここには深刻な問題が含まれている。カンチという名前が登場したときには必ずセットになって「日本」が登場するからである。このとき、描かれる日本の姿は「加害者」、つまり、かわいい動物を絶滅させた者として描かれているのだ。例えば、次のような形で。

●子供用の童話

〈「カンチだ! あの島にカンチがいる!」
 船に乗っていた日本人漁師たちは手を叩きながら喜びました。
「これで私たちもお金持ちになる」
 日本人漁師たちは数十頭のカンチを手荒く捕まえました。
 そして、血を流し死んでいくカンチたちを船に積んで暗い水平線の向こうへ消えていきました〉(『ごめんね、独島カンチよ』ユン・ムンヨン著、2017年)

●テレビ

〈数万匹のカンチが生息していた独島。しかし、20世紀半ば以降カンチは完全に絶滅した。現在、カンチは写真、剥製、記録の中でしか見られない。では、数万匹のカンチはなぜ姿を消したのか? カンチ絶滅の最大の理由は、日本人漁師たちの無分別な乱獲である〉(KBS「歴史スペシャル独島カンチの証言──1905年日本の独島侵奪秘史」2011年10月27日)

 KBSは日本でいえばNHKのような公共放送で、強力な伝達力を持つ。教育放送のEBSは何度もカンチに関する番組を放送したが、内容はいつも単純で大同小異である。かわいい「カンチ」、そしてそれを絶滅させた「日本」である。

 当然の話だが、このような教育とメディアに曝さらされた子供たちと青少年は、日本に対して怒り、憎しみ、反感などの否定的な感情を持つしかない。動物を虐待し、韓国の自然を破壊した「加害者」としての日本が頭の中に定着していくのである。

 しかし、このような物語と報道は事実ではない。日本人が日本統治時代の韓国でカンチを捕獲したのは事実だが、彼らの乱獲で絶滅したというのは明らかな虚偽である。なぜならば、終戦後も1970年代までカンチが独島に大量に生息していたという証拠が多数存在するからだ。

 次は、終戦(1945年)後、〈鬱陵島の学術調査隊独島踏査 意外! 海狗発見〉というタイトルで韓国メディアに報道された事実である。

鬱陵島の科学探究をしている朝鮮山岳会学術調査一行は20日、独島踏査隊を組織し、午前5時10分に警備隊の大田号で鬱陵島の道洞港を出てから約4時間半で三峰島を経て、9時50分頃に独島に到着し、生物と地理に関する貴重な収穫を得た。特に(独島の)東島では朝鮮では珍しい海狗(カンチ)をたくさん発見したという〉(朝鮮日報 1947年8月22日)

 続いて東亜日報(1956年8月25日)で〈独島の生態〉という見出しで報じられた記事だ。

〈独島周辺には約100匹と推定されるカンチが生息しており、このカンチたちは時々岩石の上に上がって吠えながら遊んだりするが、その鳴き声はまるで子牛が鳴く音にそっくりで、人が近づいてもあまり逃げないという。このカンチは、現在の天然記念物として手厚く保護し、一切狩猟を禁じている。ところで、過去の日本人が独島によく来たのは魚より、このカンチを捕獲するためだったという〉

 この記事を見ると、終戦後も独島にカンチが大量に生息していたことがわかる。するとカンチが絶滅したのは日本統治時代ではなく、終戦後の大韓民国の時ということも確かである。しかし、近年ほとんどの本やテレビは「日本人」によってカンチが絶滅したと説明するか、日本人によって絶滅したと思うようにミスリードしている。さらに教科書という「教育」のコースを通じても繰り返し伝えられている。

 日本の立場から見れば、腹立たしい話だろう。さらに嘆かわしいことに、終戦後に韓国人が行った「カンチ狩り」についてはちっとも言及せず、隠しているのだ。

※崔碩栄・著『韓国「反日フェイク」の病理学』(小学館)より一部抜粋

【プロフィール】チェ・ソギョン/1972年、韓国ソウル生まれ。高校時代より日本語を勉強し、大学で日本学を専攻。1999年来日し、関東地方の国立大学大学院で教育学修士号を取得。大学院修了後は劇団四季ガンホー・オンライン・エンターテイメントなど日本の企業で、国際・開発業務に従事する。その後、ノンフィクション・ライターに転身。著書に『韓国人が書いた 韓国が「反日国家」である本当の理由』、『韓国人が書いた 韓国で行われている「反日教育」の実態』(以上、彩図社)、『「反日モンスター」はこうして作られた』(講談社)などがある。