日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【#中央日報】連続ミサイル挑発をした北朝鮮、トランプ氏の神経を逆なでする次の手は?

北朝鮮の相次ぐミサイル発射に韓米両国が対応程度をめぐって困惑している様子が歴然だ。韓国軍当局は「ミサイルのようではあるが、どのようなミサイルなのか分析中」という立場だけを繰り返している。ドナルド・トランプ米国大統領は「深刻に見ている」とし「一般的な訓練」と言葉を変えた。北朝鮮の変則プレーにひとまず強硬対応を先送りしたような様相だ。

北朝鮮の立場では、今年2月の2回目の米朝首脳会談の決裂で味わった「ハノイの屈辱」以降、切歯腐心した結果に出した「ミサイルカード」が現在までのところ米国を刺激する点においては効果を上げたという評価が出ている。北朝鮮専門家は金正恩キム・ジョンウン)国務委員長が次の手を当然準備したとみている。米国が北朝鮮の望み通り動かない場合まで念頭に置いた追加的な変則プレーだ。

次は北朝鮮専門家が予想する北朝鮮の次の挑発手段とそのシナリオだ。

(1)SLBM潜水艦をはばかることなく誇示

東洋(トンヤン)大学未来軍事科学研究所の鄭永泰(チョン・ヨンテ)所長は「金正恩委員長は潜水艦カードに手をかける可能性が高い」と予想する。「潜水艦カード」は潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を意味する。鄭氏は「北朝鮮咸鏡南道(ハムギョンナムド)新浦(シンポ)造船所ではばかることなくSLBM潜水艦の建造作業を活発化させて米国を刺激する可能性がある」と話した。

米国の北朝鮮専門メディア「38ノース」は3~4月に人工衛星写真を分析した結果、北朝鮮が新浦造船所でSLBMを搭載した潜水艦の建造を継続している可能性があると先月12日(現地時間)に報じた。北朝鮮は3年前からSLBM搭載潜水艦の建造を進めているという疑惑がある。

北朝鮮は何回の失敗にもかかわらず、2016年8月24日にSLBM「北極星1」を発射した。当時このミサイルは500キロメートル飛んで日本の防空識別圏(JADIZ)内側に落ちた。韓米情報当局は北朝鮮のSLBM開発速度に驚いた。5年もすれば実戦配備が可能だと予想したためだ。北極星1は最大射程距離が1000キロは超えると推定される。この場合、潜水艦をこっそりと動かせば米軍基地がある沖縄・グアム・ハワイを狙うこともできる。

北朝鮮は2017年2月12日、北極星1を地上発射用に改造した「北極星2」の試験発射にも成功した。また、北極星1より射程距離を大きく伸ばした北極星3の開発も進めている。

(2)東倉里(トンチャンリ)アゲイン

韓国国家戦略研究院統一戦略センターの文聖黙(ムン・ソンムク)センター長は「トランプ大統領の注目をすぐに引きつけることができる東倉里で何か動きがあるようだ」と話した。東倉里は北朝鮮ロケットエンジン試験施設と発射台を作った後、「西海(ソヘ)衛星発射場」と呼んでいる場所だ。北朝鮮は宇宙発射体(SLV)だと主張するが、事実は長距離ミサイルをここで開発した。2017年3月18日、液体燃料を使う新型高出力エンジンである「白頭(ペクトゥ)エンジン」の燃焼試験もここ東倉里で成功させた。白頭エンジンは大陸間弾道ミサイルICBM)級の「火星14」と「火星15」のエンジンとして使われる。

北朝鮮は昨年6月12日のシンガポール1次米朝首脳会談と9月19日の南北平壌ピョンヤン)共同宣言で非核化措置として東倉里施設を廃棄することを約束した。だが、2月ハノイ2次米朝首脳会談が失敗し、北朝鮮が東倉里を再稼働する情況が捉えられた。

文氏は「北朝鮮は非核化交渉の“掛け金”を大きくするために、東倉里から人工衛星を発射するかもしれないが、これは最後のカードとして残すためにすぐには使わないだろう」としながら「米国に衛星発射をするという考えを示すために、北朝鮮の宇宙開発機構『国家宇宙開発局(NADA)』が宇宙の平和的利用計画を発表したり、東倉里に新たな施設を作る可能性がある」と話した。

(3)ICBM移動式発射台を見せる

戦略軍は短距離と中距離、長距離弾道ミサイル部隊を統合指揮・統制する北朝鮮の軍組織だ。北朝鮮は2012年に戦略ロケット軍を公開し、2014年には戦略軍の創設を公式化した。しかし北朝鮮は今月4日と9日にミサイルを発射しながらも戦略軍を全面に登場させなかった。金洛兼(キム・ラクギョム)戦略軍司令官が姿を見せないままパク・ジョンチョン砲兵局長が登場して戦術訓練だという点を強調したにとどまった。

北朝鮮が挑発の程度を徐々に引き上げるなら、近い将来、戦略軍を動員して韓米の気持ちを『絶妙に』刺激する可能性が挙げられている。韓国国防安保フォーラムのシン・ジョンウ上級分析官は「戦略軍を前面に出した後、日本や米国を目標にせず、ひたすら韓半島朝鮮半島)だけを射程圏に置いた発射を進めるだろう」と話した。圧迫の程度を高める論理的な展開に戦略軍の登場は必然ということだ。

日米の反発を最小化しながら韓半島だけを射程圏に入れる武器もすでに戦略軍は保有している。射程距離がそれぞれ300キロメートルと500キロメートルの「スカッドB」と「スカッドC」だ。または、戦略軍が運用する大型移動型ミサイル発射台(TEL)を緊急展開する訓練を行う可能性もある。この場合、米国を狙ったICBMや日本を狙った中距離弾道ミサイル(IRBM)を発射しなくても圧迫メッセージを送る効果をあげることができる。

北朝鮮が9日に打ち上げたミサイルには「ス107120893」というシリアル番号が刻まれていた。「ス」は北朝鮮の戦略軍または戦略ロケットを意味する略字だというのが韓国軍内外の大半の意見だ。北朝鮮戦略軍がこのミサイルを再び持ち出して、最大射程距離である500キロメートルまで発射する可能性もある。9日の推定飛行距離である420余キロメートルから少しずつ距離を伸ばして適度な緊張感を誘発するという狙いだ。

(4)忘れていた無人機、再出撃

北朝鮮無人機挑発をして、知らぬ存ぜぬで一貫する可能性もあるとの予想もある。21世紀軍事研究所のリュ・ソンヨプ専門研究委員は「無人機を南側に飛ばすことは明白な9・19軍事合意違反」としながら「だが、北朝鮮がしらを切る場合、これを立証するのが容易ではなく、韓国政府は難しい立場に立たされることになる」と話した。北朝鮮無人機挑発事例は2014年3月から2017年6月まで計5回見つかったが、北朝鮮がこれを認めたことは一度もなかった。

無人機挑発を通した北朝鮮の策略には韓国内葛藤がまず挙げられる。無人機挑発に直面し、政府が十分に糾明できないため北朝鮮食糧支援など宥和策をめぐる国内葛藤が広がる場合もある。

無人機は北朝鮮仕業だと決めつけても相当な後遺症が伴う。リュ氏は「軍事合意違反だという結論を出せば、韓米が北朝鮮対話局面を継続するのが現実的に難しくなる」とし「むしろ北朝鮮が求める状況になるかもしれない」と話した。リュ氏は「扉を閉ざそうとする北朝鮮に必要なのは名分」としながら「韓米が先に交渉をひっくり返すことを北朝鮮が誘導する場合もある」と話した。