日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【#中央日報】<5・18記念式>ソウル広場でも記念式…「真実を明らかにしなければ」

今年で39周年を迎える光州(クァンジュ)5・18民主化運動を記念し、18日午前にソウル市庁前のソウル広場で5・18民主化運動記念行事が開かれた。

「5・18民主化運動ソウル記念事業会」の主催で開かれたこの日の行事には、主催者側発表で当時民主化運動に参加した5・18有功者と市民ら800人ほどが参加し、「80年光州」を追慕する民衆歌謡である『あなたのための行進曲』を歌い39年前のこの日を称えた。

ソウル地方報勲庁の呉振栄(オ・ジンヨン)庁長は記念演説で「きょうは大韓民国の民主主義の歴史に一線を画した5・18民主化運動39周年を迎える意味深い日。当時噴出した民主化に対する国民の切実な願いと意志は7年後の6・10民主抗争でよみがえり韓国に民主憲政体制を確立した」と明らかにした。

ソウル市のキム・ウォンイ政務副市長は「5・18民主抗争は民主主義を簒奪し、国民の生命と人権を踏みにじった軍部独裁勢力に対抗して自由と正義、人権を守り通した崇高な闘争。大韓民国民主化の歴史の生きている里程標だ」と話した。

キム副市長は続けて「民主主義を抹殺した責任者全斗煥(チョン・ドゥファン)は謝罪と反省どころか偽りで埋め尽くされた自叙伝を出して光州精神を傷つけ、軍部独裁の後裔は北朝鮮軍介入説を違法に流布して妄言を吐き出している。必ず真実を明らかにし責任者を処罰しなければならない」と声を高めた。

5・18ソウル記念事業会のチェ・ビョンジン会長は「5・18民衆抗争の歴史歪曲は絶えず強行されている。民意の殿堂である国会で池万元(チ・マンウォン)と、金鎮台(キム・ジンテ)、李種明(イ・ジョンミョン)、金順礼(キム・スンレ)議員は『5・18は北朝鮮の特殊軍600人が起こした暴動』としながら妄言を吐き出した」と批判した。

チェ会長は「これまで4回の公式な調査があったのに真実はまだ埋もれている。5・18真相究明委員会を早急に稼動して真実を明らかにしなければならない」と主張した。また、全斗煥元大統領の再捜査と処罰、5・18歴史歪曲処罰法制定、金鎮台・李種明・金順礼議員の除名などを要求した。

会場を訪れた市民はソウル広場に設けられた「5・18ソウル焼香所」で献花した。広場には文在寅ムン・ジェイン)大統領と李洛淵(イ・ナギョン)首相、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が贈った花輪も置かれた。