日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【#デイリー新潮】米軍の電子偵察機が韓国上空で異例の飛行、北朝鮮軍で何かが起きている?

 5月30日、沖縄・嘉手納基地を拠点とする米空軍の信号情報(SIGINT)収集機であるRC-135UとRC-135Wの2機が、同じ時間帯に韓国上空を飛行した。この情報は、主に米軍機の動向を追跡するTwitterアカウント“Aircraft Spots”(https://twitter.com/AircraftSpots)に掲載されたものである。

 RC-135電子偵察機は通常、朝鮮半島を南北に分断する軍事境界線に近い空域(ソウル-江陵[カンヌン]間)を往復飛行して情報収集を行っている。通常、米空軍のRC-135か米海軍の電子偵察機EP-3のどちらかが1機、毎日1回、韓国上空を飛行し、北朝鮮軍の動向を収集している。

2機の電子偵察機が同時に飛行することは稀
 今回のように、RC-135U(通称・コンバットセント)とRC-135W(通称・リベットジョイント)が同時に同じ空域を飛行することは極めて珍しい。燃料の関係もあり1機は嘉手納基地に帰投する途中だったのかもしれないが、それでも、1日に2回、情報収集飛行することは稀だ。

 軍事境界線のすぐ南の高度2万5000メートルを飛行する米空軍の高高度偵察機U-2S(韓国の米空軍烏山[オサン]基地を拠点としている)と、1機のRC-135だけでは手に余るほど、北朝鮮軍に何らかの動きがあることを示唆している。

弾道ミサイル発射にともなう飛来ではない
 米空軍RC-135と米海軍EP-3の動向には注意を払う必要があるが、特にRC-135S(通称・コブラボール)――この機体には弾道ミサイル発射時のデータを収集する機材が搭載されている――の動向には注意が必要だ。嘉手納基地にRC-135Sが飛来したら、北朝鮮弾道ミサイル発射が行われる可能性があるからだ。

 なお、弾道ミサイルのデータを収集するRC-135Sについては、米軍は米本土の基地に3機しか配備していないため、在日米軍基地に訓練のために飛来するということは滅多にない。

 古い話になるが、北朝鮮が2003年1月10日に核拡散防止条約(NPT)からの脱退を宣言し、米朝枠組み合意は完全に崩壊した。「第2次核危機」では、米国は2003年2月に核施設への先制攻撃を示唆した。

 実際に同月16日に、米空軍が在日米軍基地にF-15戦闘機とU-2高高度偵察機などを増派。28日にはラムズフェルド国防長官がB-52戦略爆撃機12機、B-1戦略爆撃機12機をグアムへ配備するよう命令した。

 米国によるイラクへの武力行使が必至の形勢になった2003年2月下旬、中国は北朝鮮に対し「イラクの次」に攻撃される危険性を間接的に警告、多国間協議に応じるよう説得したが、北朝鮮は拒否した。2月26日には北朝鮮の原子炉の再稼働が確認された。

北朝鮮空軍機に異常接近されたことも
 北朝鮮寧辺(ニョンビョン)で原子炉を再稼働したうえ、弾道ミサイル発射の可能性が高まっていることから、監視活動を強化するため米本土から在日米軍基地にRC-135Sが派遣された。この時の監視態勢は1998年のテポドン発射時以来の態勢だった。

 2003年3月2日、北朝鮮空軍のMiG-29戦闘機2機とMiG-23戦闘機2機が、RC-135Sに接近した。 このうち、MiG-29は米軍機に約15~120メートルの距離まで接近した。両軍機の異常接近は1969年、北朝鮮軍戦闘機が同空域で米海軍情報収集機EC-121を撃墜(乗組員31人全員死亡)して以来のことだった。

 北朝鮮空軍機は2日午前10時48分(日本時間)ごろ、北朝鮮東岸・元山(ウォンサン)沖約240kmの日本海上空で異常接近し、22分間にわたり米軍機を追尾した。また、4機のうち1機はミサイル発射前に使用するレーダー(火器管制レーダー)を照射した。このレーダーの使用は非武装の相手を威嚇し、警告を与える意味があると同時に、撃墜する意思があることを意味する。

 朝鮮中央放送は事件前日である1日、軍事消息筋の話として、「RC-135S戦略偵察機が2月21日から毎日のように、わが国の舞水端(ムスダン:テポドン発射基地の場所)と虎島(ホド)半島の間の東方領海上空に不法侵入し、重要対象物に対するスパイ行為を敢行した」と伝えていた。このほか、U-2やEP-3、E-3、RC-12、RC-7Bなどの米軍偵察機の数、飛行時間、偵察空域が同放送などによって詳細に伝えられた。

 北朝鮮は、毎日24時間態勢で自国の目の前を飛行する米軍偵察機をいまいましく思っていたのだ。

弾道ミサイル発射時はミサイル追跡艦も寄港
 弾道ミサイルの発射兆候がある場合、米海軍のミサイル追跡艦「ハワード・O・ローレンツェン」が佐世保に補給などのために寄港する。この船と前述したRC-135Sが在日米軍基地に移動してきた場合は、かなりの確率で弾道ミサイルが発射される。

 今回の2機のRC-135から話がそれてしまったが、インターネットから得られる米軍に関する情報でも北朝鮮軍の動向を、ある程度推測することができるのだ。いまのところ一般報道で北朝鮮軍の動向に関する記事はないが、異常な動向があっても報道されないことはよくあることだ。

 仮に北朝鮮軍に大きな動きがあっても、文在寅ムン・ジェイン)政権は公表しないだろう。

この時期は演習が行われていない
 北朝鮮軍の内部資料(極秘文書「朝鮮人民軍最高司令官命令」2004年度朝鮮人民軍、民防衛、人民保安機関の作戦及び戦闘政治訓練課業(課題)について)によると、北朝鮮軍が年間を通じて最も訓練を強化するのは冬季である。

 北朝鮮軍の訓練は、12月1日から始まる第1期訓練期間(冬季訓練)が1年のうちで最も活発化し、田植え前に第1期訓練期間を終了する。そして、第2期訓練は田植えと梅雨が明けた頃の7月から開始され、秋の収穫時期に終了するというパターンになっている。

 したがって、現在、北朝鮮軍は大規模な演習を行っていないはずなのだが、米軍が電子偵察機を同時に2機派遣して情報収集態勢を強化するほど、北朝鮮軍は米国や韓国へのメッセージを込めた何らかの動きをしている可能性がある。

宮田敦司/北朝鮮・中国問題研究家