日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【#ニューズウィーク日本版】経済失速の韓国で大ヒット カンヌは「万引き」の次に「寄生」する格差社会作品を選んだ

2年連続でアジア作品が最高賞を獲得したカンヌ国際映画祭。そこには日本や韓国に限らず、経済格差が拡大する世界への危機意識がうかがえる
2018年のカンヌ国際映画祭では、日本の是枝裕和監督の『万引き家族』がパルム・ドール(最高賞)を受賞し、日本国内でも大いに話題になった。そして今年5月26日、第72回カンヌ国際映画祭では、クエンティン・タランティーノ監督の話題作などを押さえて、去年に続きアジアからポン・ジュノ監督の韓国映画『パラサイト』(原題『寄生虫』)がパルム・ドールを獲得した。今年は韓国映画誕生100年という節目の年で、そこに韓国映画初のパルム・ドール受賞とあって、韓国国内ではニュースなどでも大きく伝えられた。

[動画] 万引きの次に受賞したのは「パラサイト」

このため、昨年『万引き家族』がパルム・ドールを受賞した日本と同様、韓国国内でこの作品に対する注目は高く、受賞発表から4日後の5月30日に韓国内で公開が始まったが、封切り初日から『X-MEN:ダークフェニックス』『アラジン』といった人気エンタメ映画を抑えて興行ランキング首位に立ち、すでに14日目の時点で751万9960人の動員を突破。韓国での映画大ヒットの基準となる1000万人観客動員も時間の問題と言われている。この人気を受け韓国の3大シネコンチェーンの一つメガボックスでは、英語の字幕付きでの上映を開始した。在韓外国人にも幅広く観覧してほしいという気持ちがうかがえる。

ところで、ポン・ジュノ監督とカンヌ映画祭といえば、2年前の映画『オクジャ』が記憶に新しい。今回同様コンペティション部門に出品された『オクジャ』だったが、Netflixオリジナル製作作品だったこともありフランス国内での劇場公開が正規では行われず、「これは映画ではない」と批判されるなど、古くからの伝統を重んじるカンヌ映画祭で波紋を広げた。そのため上映前には一部観客からブーイングが起こったほどだったという。

この問題は大きく取り上げられ、その後現在まで続く「配信系制作の劇場未公開作品は“映画“と言えるか?」という論争に繋がっていく。さらに、論争はカンヌ映画祭だけに収まらず、映画『オクジャ』は韓国国内上映の際にも三大シネコン会社(CGV/ロッテ/メガボックス)からそれぞれ上映ボイコットを受ける事態へと発展した。理由は、劇場公開と同時に配信を開始したNetflixに対する映画界からの抗議のためだ。このように、前作『オクジャ』は残念なことに作品内容以外の部分で注目を集める形となってしまった。そういった苦い過去を含め、今回のポン・ジュノ監督の新作がパルム・ドールを受賞したことは作品自体が評価された意味のある受賞となった。

さて、受賞作の映画『パラサイト』はどういった作品なのだろう。韓国国内用、海外用ともに、ポスターにはある家族の姿が映っているが、顔には目に線が入っていて少し不気味な印象だ。ジャンルは、ブラックコメディーという意見もあれば、現代版のホラーだとも評価されている。

ブラックな笑いの影に色濃いメッセージ性
ボロボロのアパートの半地下に住む一家の父親は、台湾系のカステラのチェーン店のフランチャイズ事業に失敗。現在は妻と子供2人含め家族全員が職に就いておらず、一家全員で宅配ピザの配達用の箱を組み立てる内職で生計を立てている。IT大国をうたっている韓国で、自宅にWi-Fiすら引けず、近くの家やカフェからかすかに漏れてくるWi-Fiをタダ乗りで使っているような状態だ。

ちなみに、父が最後に失敗したカステラのチェーン店は「デウォン・カステラ(大王カステラ)」という2年前まで韓国で大人気だった実在のフランチャイズ店である。韓国に行ったのことある人はご存じかもしれないが、韓国人は本当によく仕事を変える。また飲食店の入れ替わりも激しく、一度流行るとすぐフランチャイズ展開し、どの駅前にも同じお店が建つようになった頃には流行が終わって客足も途絶えて潰れ、また別の新しい流行りのフランチャイズ店がオープンする......。まさにこの一家はその流れに飲み込まれ、貧困にあえぎながら暮らしている典型的な貧乏一家といえる。地下だがかろうじて窓がある半地下と呼ばれる家に暮らしていた一家だったが、ある日ひょんなことから、息子がお金持ちの家で英語の家庭教師をすることになり、家族の生活は徐々に変化していく......。

ところどころ笑いの要素がちりばめられているが、決してただの笑いではなくメッセージ性が色濃く表れている作品といえる。注目したいのは、去年のカンヌ映画祭パルム・ドール受賞作品『万引き家族』とともに、この『パラサイト』も格差が拡がる社会という、今世界各国で抱える問題を浮き彫りにしている点だろう。

映画という媒体は、今現実に起こっている問題やそれに対するメッセージをストーリーに乗せて観客に届けることができる。カンヌ映画祭パルム・ドールを受賞した『パラサイト』『万引き家族』両作品ともに格差社会問題を取り上げた映画だが、2本ともそこで生きる主人公たちが、問題に対してときにひょうひょうと乗り越えていこうとするたくましい姿が印象的だ。

文在寅政権の経済政策の失敗とも重なって......
『パラサイト』が大ヒットする韓国でも格差の問題は大きな社会問題になっている。今年の2月、韓国の経済学者ら約1400人が参加した経済学共同学術大会では、文在寅政権の「所得主導成長政策」を実証的に分析した「新政府のマクロ経済成果の実証評価」という研究発表が行われ、現政権の経済政策を「事実上の失敗だ」と断じた。実際、世界的な半導体需要の落ち込みから、韓国経済の稼ぎ頭であるサムスン電子は2019年1~3月決算で前年同期比60%のマイナスとなり、同時期の韓国GDPは-0.3%と過去10年間で最大のマイナス成長となった。就職率も下がる一方で、貧富の格差はますます開いていくとみられている。『パラサイト』が描いたブラックコメディの世界で生き抜く多くの韓国国民たちは、厳しい世界でハッピーエンディングを目指して身を寄せ合い生きていくしかない。

だが、これは韓国に限ったことではない。カンヌ映画祭の開催地フランスでは、2018年11月から政府の税制改革に「経済格差が広がる」などと反対する労働者たちが黄色いベストを着用して毎週末デモを行っている。フランスでも6月5日から上映が始まった『パラサイト』は、『X-MEN:ダークフェニックス』に次ぐ26万人動員の興行成績を収め、上映スクリーン数拡大が決定したという。

日本でも『パラサイト』は来年1月に劇場公開されることが決まった。万引きをして生活する家族を描いた『万引き家族』が観客動員300万人突破という大ヒットとなった日本でも、この韓国映画はリアルな共感をもって受け入れられるのではないだろうか。

杉本あずみ