日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【#中央日報】自由韓国党の羅卿ウォン氏、チョ・グク氏の自主的辞任に「遅れたが事必帰正…文政府、謝罪を」

自由韓国党の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表は14日、チョ・グク法務部長官が自主的に辞任の立場を明らかにしたことに関連して「やや遅れたが予想通り辞めることになった。事必帰正だ」と話した。

羅院内代表はこの日午後、チョ長官の辞任コメント発表後、取材陣と会った場で「これまで国論を分裂させて国民を軽んじた政権は、この部分に対して謝らなければならない」と明らかにした。

続いて「チョ・グク事態以降、我々が正さなければならない部分がとても多い」としながら「実質的に大韓民国の多くの国政が乱れた」と指摘した。

あわせて「論争以前から青瓦台(チョンワデ、大統領府)がとても強いグリップ(統制)ですべてのことを主導する過程で、ファストトラックなど不幸な歴史が続いた」とし「非正常に動いた部分は元の場所に戻らなければならない」と話した。

チョ長官の辞任を事前に知っていたかと聞かれると「雰囲気は感知していた」とし「実質的に私が昨日から検察改革云々しているのが、チョ・グク辞任名分用だと話した」と答えた。

ただし「残念なのは、今チョ・グク前民情首席の辞任で検察捜査がうやむやになってはいけないと考える」とし「私募ファンドに関連しては政権に関連した部分があるのではないかという強く疑ってもいる」と主張した。

羅院内代表は「チョ前首席の辞任は国民の勝利で民心の勝利」とし「ただし、辞任だけですべてのことが解決されたわけではなく、今後の収拾において最初にすべきことは文大統領の謝罪」と付け加えた。