日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【#朝鮮日報】平壌のサッカーに「堪忍袋の緒が切れた」

北朝鮮、低画質の試合映像渡す…地上波3局の録画中継も取り消し

統一部長官、無観客試合に「南北とも応援団いないから公平」と詭弁

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会2次予選のため平壌でアウェー試合を行った韓国代表で、サッカー界のスター、ソン・フンミン(27)=トッテナム=は17日、仁川国際空港に到着した後、「あまり覚えていたくない。ケガがなく帰って来られただけでも大きな収穫だ」と安堵(あんど)した。大韓サッカー協会の崔英一(チェ・ヨンイル)副会長は「サッカーではなく戦争だった」と言った。MF黄仁範(ファン・インボム)は「ボールとは関係なくもみ合いが起こり、ひどい言葉も飛び交った。韓国に来たらやり返してやる」と誓った。

 韓国代表選手たちがこのような話をするなんて、いったい平壌でどれだけ激しい試合をしてきたのだろうか…と韓国のファンたちは試合の最初から最後まで自分の目で確認することを望んだ。ところが、この試合をすべて収録したフルの映像は見られないかもしれない。

 当初、17日午後に録画中継をする予定だった地上波3局は、大韓サッカー協会北朝鮮側から受け取った映像を確認して放送を取り消した。地上波テレビ局関係者は「北朝鮮が渡した映像はSD(基本画質)並みで解像度が著しく低かった。画面比もかつてのブラウン管テレビで使われていた4対3の割合だった」と言った。

 複数の専門家は、北朝鮮が意図的に画質の低い映像を渡したのではないかと見ている。北朝鮮では2010年代初めからHD放送をしている。事実、先月6日に朝鮮中央テレビが録画中継で放映したW杯2次予選のレバノン戦は16:9の比率の画面でHD並みの画質だった。北朝鮮は2-0で勝った翌日、この試合を放送した。

到底納得できないこの状況で、南北交流を主務とする韓国統一部の最高責任者が詭弁(きべん)を使ったため、人々の堪忍袋の緒が切れた。金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官は17日に行われた同部に対する国政監査で、「重い責任を感じる」と言いながらも、「(韓国側)応援団を受け入れなかった状況で、(北朝鮮は)自分たちなりに(観客を入れずに)公平性のある措置を取ったという解釈もある」と述べた。外信各社も「幽霊ゲーム」「奇怪だ」と批判した試合について、韓国統一部長官は「北朝鮮側の配慮」という意味付けをしたのだ。

 梁承東(ヤン・スンドン)KBS社長は17日、国政監査に出席して「画質が非常に低く、サッカーの試合を放送しないことにした」と述べた。野党・正しい未来党のシン・ヨンヒョン議員がこれに対して「北朝鮮の選手たちが非紳士的なマナーだったので、北朝鮮に対する世論が悪くなるのを懸念して放送を中止したのではないか」と指摘すると、梁承東社長は「そうではない。ニュースでは(映像を)使用する」と答えた。

 今回の韓国対北朝鮮戦の中継社である地上波3局は、在日本朝鮮人総連合会朝鮮総連)系であることで知られている日本の代理店を通じて北朝鮮サッカー協会と中継権交渉を行った。生中継を前提に交渉を開始したが、北朝鮮サッカー協会が拒否したため、録画中継をすることで合意した。

 地上波3局は通常のAマッチ時の慣例に基づき、今回の南北対決に3億ウォン(約2800万円)前後を契約金的な性格の金銭として事前に北朝鮮に送っていたという。結果的に言えば、地上波3局は約3億ウォンを支払って画質がひどく落ちる映像を1本、受け取ったことになるが、それすら録画中継できないことになった。最大野党・自由韓国党の朴大出(パク・デチュル)議員は同日、国会で「南北サッカー中継は契約金を踏み倒される危機にある。結局、地上波3局が北朝鮮に(金を)ばらまくような形になった」と指摘した。梁承東KBS社長は「北朝鮮サッカー協会から代理店を通じて『放送用(の映像)』をくれると約束したが、受け取ってみたら『記録用の映像』だった。契約金返還訴訟を起こさなければならない状況だ」と答えた。

 だが、梁承東社長の言葉とは違い、大韓サッカー協会が17日に報道陣に公開した映像は、画質は悪いものの6㎜カメラで撮影された分析用ではなく、複数台のカメラを動員した中継用映像だった。放送界関係者は「画面の切り替えやクローズアップ、スローモーションなどを見ると、演出された中継用画面だった」と話す。このため、北朝鮮は韓国にDVDを渡す時、わざと解像度を落としたのではないかという声が上がっている。もし、北朝鮮が事前の約束通り中継用映像を渡したと主張すれば、契約金を返してもらうのは容易ではないだろう。

 大韓サッカー協会は同日午後、6分間のハイライト映像を動画共有サイト「ユーチューブ」の同協会公式チャンネル「KFA TV」で公開した。同協会関係者は「AFCに6分間の映像を掲載して共有してもいいかどうか問い合わせ、口頭で承認を受けた」と話した。

 編集映像を見たサッカーファンたちは「ハイライトがこれほど荒いなんて、全試合をすべて見たら、ファンたちの怒りが爆発したことだろう」「UHD(超高画質)時代に選手の区別もよくつかない映像を見ているなんて情けない」などの反応を見せている。

チャン・ミンソク記者