日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【#現代ビジネス】ジム・ロジャーズ「韓国と北朝鮮が統一されるとき、日本は……」 (注)基地外の妄言なので閲覧注意

                  • -

いま北朝鮮、韓国の両国は、水面下で着々と統一への道を歩んでいる。それは同時に日本の大きな危機を意味する。「投資の神様」が、朝鮮半島情勢の行方と日本の取るべき方策について語りつくした。

                  • -

報じられない金正恩の本音
 「韓国と北朝鮮が一緒になり、南北統一国家が生まれれば、朝鮮半島は世界で最もエキサイティングな場所になるでしょう。北朝鮮には安価な労働力があり、大量の天然資源が眠っています。

 それらが韓国の資金力や製造力、ビジネス力と結合するわけです。日本にとって、脅威的な存在になるのは間違いありません」

 そう語るのは、投資家のジム・ロジャーズ氏。ジョージ・ソロス氏、ウォーレン・バフェット氏と並ぶ、「世界三大投資家」の一人として知られる人物だ。

 10月2日午前7時すぎ、北朝鮮弾道ミサイル1発を発射。島根県沖約350kmの日本のEEZ(排他的経済水域)内に落下した。北朝鮮がミサイルを日本のEEZ内に打ち込むのは、'17年11月以来のことだった。同月5日に行われたアメリカとの核協議の直前に、日米韓を揺さぶるのが目的だったと見られている。

 そんな中で、強く「韓国と北朝鮮は必ず一つになる」と主張しているのが、ロジャーズ氏である。

 本誌はロジャーズ氏に緊急インタビューを行った。朝鮮半島が統一されたとき、何が起こるのか、そのとき日本がどうなるのかを聞いた(以下、「」内はすべてロジャーズ氏の発言)。

 「まず、日本の皆さんが覚えておかなければならないのが、金正恩氏を北朝鮮の人間だと考えてはいけないということです。彼はスイスで生活し、教育を受けました。本音を言えば、スイスで暮らしたい人間なのです。

 しかし、現実的に彼は北朝鮮を出ることはできない。だから、北朝鮮をオープンにして、スイスのような先進国に成長させることで、かつて自身が送った先進的な暮らしを取り戻したいと思っているのです。

 '13年に金正恩氏が北朝鮮に国際的なスキーリゾート、『馬息嶺スキー場』を建設させたのも、その一歩です。

 彼は何度も言っています。『40年前に鄧小平が中国で行ったようなことを、私は北朝鮮でしたい』と。それを彼は今やろうとしているのです」

 「40年前に中国で起きたこと」とは、'78年から鄧小平が実行した「改革開放」を指している。市場経済へと舵を切った中国が、その後、劇的な経済成長を遂げたのはご存じのとおりだ。

 「金正恩氏のそういった発言や行動を知っている人は多くない。相変わらず、経済制裁に苦しむ北朝鮮といったイメージしか持っていないのでしょう。

 それはアメリカ政府のプロパガンダによって、アメリカだけでなく、その影響下にある日本や韓国でも、報道されていないからです。

 金正恩氏は、中国のこの40年間の成長を、北朝鮮でも実現させたいと考えているのです。そう考えているのは、彼だけではありません。北朝鮮の軍関係者も、モスクワや北京に行き、ものすごいスピードで経済発展している状況を肌で感じて、北朝鮮の遅れに驚いています。

 北朝鮮の一般の人々も、海外から持ち込まれたDVDなどを通じて欧米の文化に触れているので、発展を望んでいる。つまり、みな北朝鮮をチェンジしたいと思っているのです。そして、実際に、北朝鮮はチェンジしていくでしょう」

外貨が一気に流れ込む
 一方の韓国はどうか。確かに文在寅大統領も南北統一を悲願としているが、最側近の曺国法相のスキャンダルなど、政権の基盤自体が危うくなっている。しかし、ロジャーズ氏は、それらは大きな問題ではないと言う。

 「文在寅大統領には、彼が大統領になる前に一度お会いしました。私の印象としては、非常に頭がいい人物だと思いました。

 現在、起きている政治的スキャンダルは南北の統一にとって、大きな障害にはなりません。スキャンダルは、いずれ忘れられるものです。国の政治や経済に、深刻な長期的影響は与えない。2年後にはみな覚えていないでしょう」

 金政権、文政権の両者の思惑が一致している以上、南北統一への動きは加速度的に高まる。

 統一によって、大きな相乗効果がもたらされることを、両国ともわかっているからだ。そのひとつが、国の根幹でありながら、先進国のほとんどが頭を悩ませている少子化問題の解消だ。

 「韓国は多くの先進国と同様に、人口減少問題を抱えていますが、それが南北統一によって解決される可能性が高いと考えています。現在の韓国は、2028~'33年には男女比率が12対10になると予測されるほど、女性が少ない。

 他方、北朝鮮には若い女性が多く、彼女たちは子供を産むことに躊躇しません。日本や韓国と違って、北朝鮮の女性の出産や育児に対する意識は昔からさほど変わっていないからです。

 南北統一によって人口問題は劇的な解決を見せるでしょう。両国の人口を合わせると、約8000万人。それが、今後もどんどん増えていく。非常に巨大な経済圏になると思います。

 北朝鮮の周辺には、投資余力を持った国も多いです。'90年に東西ドイツが統一された際、周辺に豊かな国がなく、外国からの投資を望むことはできませんでした。

 しかし、朝鮮半島の周りには、ロシアや中国などの経済大国があります。さらに、国内での投資も活発になるでしょう。

 今、韓国ではサムスンやロッテ、起亜自動車などの大企業が北朝鮮への投資を研究しています。南北統一国家が生まれた場合、アジアで最も裕福な国になる可能性も秘めているのです」

あと1~2年以内に
 北朝鮮の北東部に羅津という都市がある。ここは天然の良港として知られているが、社会主義国化して以降、満足に開発されていない。しかし、近年、アジア北部の不凍港として注目されている。

 9月24日、韓国とロシアは経済科学技術共同委員会をモスクワで開き、羅津とハサン(ロシアの北朝鮮国境近くの都市)地域の開発に関する共同研究を行うことで一致した。このように北朝鮮には知られざる多くのフロンティアが広がっている。

 「統一に向けてはもちろん多くのハードルがあります。まず非常に多額の資金が必要になるでしょう。しかし、今、北朝鮮も韓国も防衛に莫大な予算を投じています。たとえば韓国は、国家予算の8%を防衛費に割いている。これは驚異的数字です。

 しかし、その予算が不要になれば、大きな余裕が生まれ、統一のための資金を生み出すことは難しくありません。

 もちろん米軍という障害はあります。韓国には2万8000人の米軍が駐留しています。在韓米軍基地は、ロシアや中国の国境に近い場所で、米軍が駐留できている唯一の基地です。

 だからこそ、アメリカは在韓米軍を撤退させたくない。そこは非常に大きな問題です。

 まずは韓国、北朝鮮の国境をオープンにすること。両国間のヒト、モノ、カネの移動を自由にするのです。私は国境の開放自体は、1~2年後には起きるのではないかと見ています」

 朝鮮半島が大きく発展しようとしている一方で、ロジャーズ氏は日本の未来に警鐘を鳴らす。'17年11月、ロジャーズ氏は米国の投資情報ラジオ番組『Stansberry Investor Hour』に出演。

 そこで「もし私がいま10歳の日本人ならば、自分自身にAK-47(ロシアの自動小銃)を購入するか、もしくは、この国を去ることを選ぶ」と発言し、波紋を呼んだ。ロジャーズ氏はその思いを、さらに強くしているという。

いがみ合っている場合か
 「日本の衰退に拍車をかける事態が立て続けに起きています。まず消費増税です。10%はクレイジーです。'14年に5%から8%にアップしたときも驚きましたが、もはや正気の沙汰とは思えません。

 さらに、'20年の東京五輪。オリンピックが行われた国は、オリンピック後に経済が良くなったとしても、わずか1~2年です。オリンピックはわずかな数の人に短期間しか経済効果を与えません。

 そして、'08年のリーマンショックに続く『第2の世界金融危機』が刻々と近づいています。1~2年のうちに、金融危機が起きてもおかしくはないのです。次の危機は、リーマンショックを超える、恐ろしいものになるでしょう。

 日本の財政赤字は膨らむ一方です。長期債務残高は、国だけで897兆円。約10年前の'08年の時点では546兆円だったことを考えると、恐ろしいペースで増えているのです。

 本来であれば、すぐに大幅な財政支出の削減を行い、同時に税金もカットすべきなのです。それなのに、安倍晋三首相は、財政支出を減らす素振りもなく、増税までしてしまいました。

 いまの日本の子どもたちが大きくなる頃、人々の生活は大変なものになっているでしょう。そこに南北統一国家が誕生する可能性まである。非常に不幸な未来が待っていると言わざるを得ません」

 今年7月の半導体輸出規制以降、日韓関係は悪化の一途をたどっている。9月24日、国連総会で文在寅大統領は「過去に対する真摯な省察の上に、自由で公正な貿易の価値を守り協力するとき、私たちはより発展できる」と、間接的に日本を批判してみせた。

 南北統一国家が誕生するというのは、すぐ隣に日本に憎悪をたぎらせた国が生まれるということだ。沈没していく島国を尻目に、深い恨みを抱えた国家が中国を上回るスピードで経済大国へと発展を遂げていく。

 「日本は南北統一国家は決して生まれてほしくないでしょう。日本の国際的な地位が、それ以前に比べて低下するのは間違いないからです。

 しかし、朝鮮半島の開放の動きは決して止められません。確かに、韓国は日本を嫌悪し、日本は韓国を嫌悪しています。しかし、そのままの姿勢ではダメでしょう。

 南北統一国家が生まれたら、日本は彼らと経済的にオープンな関係を築くしかありません。彼らと取り引きし、投資を行い、両国の間で自由貿易ゾーンを作るべきだと思います。

 韓国南部と九州北部を繋ぐような、海底トンネルの建設も検討すべきでしょう。そうすれば、ロシアや中国とも地続きで移動できるようになる。それだけ、朝鮮半島が重要な存在になっていく可能性があるのです」

 手をこまねいていては、日本だけが取り残される。そんな事態になりかねないのである。

 「週刊現代」2019年10月12日・19日号より

飯塚 真紀子