日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【#現代ビジネス】韓国・文在寅政権が陥った悲劇「ネロナンブル=独善主義」の自縄自縛

一喜一憂する韓国側関係者たち
 11月初めのソウルは既に肌寒かった。緯度は福島県と同じくらいだが、シベリア寒気団が南下してくるため、ソウルには冬が足早にやってくる。
 筆者は6日間で50人ほどと面会したが、「文在寅政権が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を延長するかどうか」という話題で持ちきりだった。そして、韓国側関係者が一喜一憂した点で、大変印象深い取材になった。

 11月4日、タイ・バンコク郊外で開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓首脳会議に出席した文在寅大統領と安倍晋三首相が11分間、対話した。

 この直後、韓国メディアは保守系から進歩(革新)系まで、「韓日関係改善の道が開けるかもしれない」と好意的に報道し、私が会った韓国の専門家らも「GSOMIA延長の道が開けるかもしれない」という希望を口にした。

 だが、その後、この対話を巡って日本政府の冷淡な態度が浮き彫りになるにつれ、李洛淵(イ・ナギョン)首相が不快感を示すなど、徐々に韓国側の空気も怪しくなった。私の取材先の顔色も徐々に暗くなり、11月8日金曜日の昼食を共にした元高官は「今のところ、延長の可能性は10%ぐらいではないか」と語った。

 こうした動きを検証してみると、文在寅政権なりに、過去の政策が巻き起こした混乱を収拾したいと考えているものの、依然、「ネロナンブル」(他人がやれば不倫だが、自分がやればロマンス)と呼ばれる独善主義から脱していないことが、よくわかる。

批判を浴びる「ネロナンブルの論理」
 文政権の外交は北朝鮮政策が中心だった。

 米国に米朝首脳会談の開催を勧め、安倍政権が渇望する日朝首脳会談実現のため、北朝鮮人脈を紹介もした。逆に日本が北朝鮮への圧力を強めると、「韓国の邪魔をしている」として日本と距離を置くようになった。

 朴槿恵前政権へのアンチテーゼや、日本の朝鮮半島統治への反発もあり、日本企業に元徴用工らへの損害賠償を命じた韓国大法院(最高裁)判決を支持した。安倍政権が7月、韓国に対する輸出管理規制措置の強化に踏み出すと、逆に「信頼関係が壊れた」として日韓GSOMIAの破棄を決めた。

 一連の行動は、日本ばかりでなく、韓国内の保守派からもネロナンブルの論理として批判を浴びた。すなわち、日本の輸出規制措置を引き起こした背景には、徴用工訴訟判決を巡る協議を拒み続けた文在寅政権にも責任があるのに、自分の問題点には全く触れない姿勢が独善的だというわけだ。

 ただ、日米韓の関係者によれば、今年9月から10月にかけ、文氏の姿勢に変化が現れ始めた。契機は、側近の曺国(チョ・グク)元法相を巡るスキャンダルだった。

 10月3日、ソウル中心部の光化門に「曺国辞任、文在寅政権下野」を掲げて、40万人以上の市民が集結した。

 文氏は10月7日の幹部会議で「国民の多様な声を厳粛に聞いた」と語った。与党関係筋は「反対意見を尊重するという意味。こんな発言は、大統領就任後初めてではないか」と語る。

 事実、曺国氏は法相を辞任した。時を同じくして、韓国大統領府は日韓関係改善にも乗り出した。

 天皇即位礼で来日した李洛淵首相は10月24日、安倍首相と21分間にわたって会談。関係改善の雰囲気作りに奔走した。

 李首相は温厚なイメージがあるが、実は短気な性格。周囲が仕事でもたつくと、容赦なく叱責することで知られる。その李首相が2泊3日の滞在中、一度も顔をゆがめることはなかった。

 22日、羽田空港に到着した際は豪雨だった。タラップを降りる際、強風で李首相一行の傘を吹き飛ばしたが、李首相の笑顔は崩れなかった。その執念が、安倍首相との会談でも現れた。一度も日本を刺激する言葉を使わず、10分の予定だった会談は21分に伸びた。

日韓首脳「突然の対話」期待と失望
 李首相らの努力の甲斐もあり、11月4日の日韓首脳対話が実現した。この対話の際、韓国外交省は日本語通訳を同行させなかった。対話は、韓国側通訳が文氏の韓国語を英語に直し、それを聞いた日本側通訳が安倍首相に日本語で伝えるという形式で進んだ。

 日韓関係筋の一人は「韓国大統領府の政治判断で実現した対話だった」と語る。韓国外交省が事前に対話が行われることを知っていれば、日本語通訳を同行させていたからだ。

 別の関係筋によれば、文氏はこの対話の際、安倍首相が「日韓関係の懸案について話し合う高官級協議の開催」に同意してくれれば、協議実現を理由に、GSOMIA延長に応じる考えだった。

 韓国政府は従来、「日本が輸出管理規制措置の強化を撤回すれば、GSOMIA延長も考えられる」という立場だった。だが、日本政府は全く応じる姿勢を見せなかった。同時に、米国は「GSOMIAは日韓関係ではなく、北東アジアの安全保障問題」として、韓国に延長を強く迫っていた。

 ただ、日本から何の譲歩も得られずに延長に応じれば、破棄を決めた文政権の責任問題に発展し、来年4月の韓国総選挙にも悪影響を与えかねない。

 八方ふさがりの文政権が考えたのが、「延長するための名分づくり」であり、それが、文氏が11月4日に安倍氏に提案した「高官級協議」だったという。

 韓国側はこの協議を、日韓両首脳に直結する人物で次官級以上と想定していた。そこで徴用工判決や輸出措置など全ての日韓間の懸案を協議する考えだった。協議が始まれば、「日本は輸出措置を撤回する考えがある」と韓国内に説明し、「自分たちは大局的な見地に立ち、まず、GSOMIAを延長する」と発表する手順を整えていたという。

 実際、韓国政府は対話直後、すぐに文・安倍両首脳が対話する写真を公開するとともに、「関係改善の契機になり得る」という趣旨のブリーフィングを行った。翌日の韓国紙は保守系から進歩系まで総じて、関係改善を期待する論調が並んだ。

 この時点では、私が接触した韓国側の関係者も「もしかしたら、GSOMIA延長が可能になるかもしれない」という期待感に満ちた発言をしていた。

 しかし、安倍氏は「救命ブイ」(日韓関係筋)を文氏に投げることはしなかった。通訳の時間を除けば、「わずか3分」(同)という短い対話の時間で、安倍氏は2度にわたって「日韓請求権協定を順守して欲しい」と繰り返した。

 協議は、韓国が徴用工判決問題で日本に譲歩することを確約するものではなかっただろうし、何よりも、対立の長期化に伴って首脳間の信頼関係が破壊されていたことが影響したとみられる。

 ここで、文在寅政権は再び態度を硬化させ始めた。スティルウェル米国務次官補と面会した韓国大統領府の金鉉宗国家安保室第2次長は「我々は何度も和解のメッセージを送っているのに、まったく日本側が受け付けない」と不満を爆発させた。李洛淵首相も7日の国会答弁で、日韓首脳対話を巡る日本政府の発表について「日本の発表は国際的な基準に合うとみていない」と答弁した。

 せっかく訪れたネロナンブルから脱却する機会を、文政権は自ら放棄したように見える。どうして、こんな悪循環が続いてしまうのか。

「政治家には不向きな人物」
 文在寅政権のトップ、文在寅氏とはどういう人物か。

 文氏と直接会ったことがある人々の証言を総合すれば、「人としては謙虚で暖かみがあるが、政治家には不向きな人物」ということになる。

 文氏は、朝鮮戦争の時に韓国側に避難した両親の間に生まれた。ソウル大には合格できなかったが慶熙(キョンヒ)大に進み、司法試験に合格した。長く、釜山で人権派弁護士として活躍した。このときには、徴用工訴訟も扱っている。

 弁護士仲間だった盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の要請により、50歳のとき、大統領府民首席秘書官に抜擢された。その後、大統領秘書室長も務めた。

 本人は政治活動を続ける考えはなかったが、盧武鉉氏が退任後に自殺したこともあり、「政治殺人を犯した保守を倒したい」という盧武鉉支持者たちの懇願から大統領選に打って出た。2012年選挙は朴槿恵氏に敗れたが、朴政権の崩壊によって17年5月、大統領に就任した。ざっと、こんな経歴だ。

 大統領就任当初、「国民と意思疎通に努める」と約束した文氏のポリシーにウソはない。

 文氏と会った人間によれば、文氏は相手の話を遮るようなことはせず、いつも最後まで話を聞き届ける。相手を気遣う姿勢もある。首相官邸周辺によれば、安倍晋三首相も初めて文氏と会談した後、「なかなか良い人物ではないか」と周囲に語っている。

 同時に文氏が抱える問題が幾つかある。

文在寅大統領「三つの弱点」
 その第一は、強すぎる信念だ。

 文在寅氏の信念は「弱者のための政治」であり、それ自体は悪いものではない。ただ、政治は現実の世界でもある。異なる意見を調整し、最善の結論を導かなければならない。政治家としての経験が不足している文氏はこれができない。

 韓国の歴代大統領で、こうした柔軟性に富んだ人物は、金泳三(キム・ヨンサム)、金大中(キム・デジュン)、盧武鉉の各元大統領だった。いずれも政治家としての経験が長く、清濁併せ呑む気風があった。文氏を大統領府幹部に起用した盧武鉉氏も生前、「文氏は政治家には向かない」と周囲に語っていた。

 第二に、温厚な性格が逆に足を引っ張っているという現実だ。文氏は、相手が自分の意に染まない発言をしても、決して途中で遮らない。我慢して聞いている。わずかに、「同意した」とは言わないことで、自分の信念を貫いている。

 安倍氏との会談でも、常にこのスタイルを貫いた。文氏は日韓首脳会談ごとに、自説をまくし立て、なかなか議論の余地を与えない安倍氏のスタイルに辟易し、徐々に安倍氏に嫌悪感を抱くようになっていったという。

 また、文氏と面会した韓国政府元高官は「外国首脳との会談では、逆にはっきり意見を伝えた方が良い時もある。相手が誤解すると逆に不信を招きかねない」と語る。実際、安倍氏だけでなく、金正恩朝鮮労働党委員長も文氏との会談を重ねるうちに、「(文政権が勧めた)米朝協議をやっても、何も成果が得られないではないか」として不信感を抱くようになったという。

 第三は、望まない形での大統領就任であったことだ。

 文氏自身、自分が政治家に向かないことを知っていた。ただ、盧武鉉氏が検察捜査の末に自殺すると、盧氏の支持者たちが文氏に大統領選に出馬するよう懇願した。

 韓国の大統領選では、人物の識見や能力よりも、その人が持つストーリーが重視される。現代財閥で活躍した李明博(イ・ミョンバク)元大統領は「不況に沈む韓国経済を復活させるCEO大統領」だったし、朴槿恵(パク・クネ)前大統領は「漢江の奇跡を実現させた朴正熙(パク・チョンヒ)大統領の娘」だった。盧武鉉氏の最側近だった文氏も「政治的殺人を犯した保守に復讐する主人公」というストーリーがあった。

 逆に、こうした「担がれた大統領」だったことが、文氏の政策形成で弱点になる。

 信用できる子飼いの側近がいない。わずかにいた知人たちとも、その潔癖性から大統領就任と共に関係を断った。このため、「民族主導」という左派の論理を掲げる人物たちが周囲を固めることになった。それが任鍾晳(イム・ジョンソク)前大統領秘書室長であり、曺国前法相らだった。

 もともと、積極的に他人と交わる性格ではない文氏は、こうした「陣営の論理」を振りかざす人々に周囲を固められ、柔軟性を欠くようになった。それがネロナンブルと言われるスタイルに行き着く悲劇を招いた。

待ち受ける茨の道
 文在寅政権は2017年5月の発足後、5年の任期の折り返し点を迎えた。今、文氏はネロナンブルという政治スタイルから脱却しようともがいている。

 曺国氏を巡るスキャンダル、日韓GSOMIA破棄を巡って揺らぐ米韓同盟、破綻寸前の南北関係、そして「イルチャリ(働き口)大統領」を自称しながらも好転しない経済情勢などが、次々と文大統領の両肩にのしかかっているからだ。

 だが、すでに過ぎた2年半の任期中に展開してきた過去の政策が、我が身を縛っている。政策の転換を図れば、有権者の3割とも4割とも言われる、進歩系の「コンクリート支持層」が黙ってはいない。来年4月に控えた総選挙もあり、わずかに見えた、ネロナンブルからの脱却はすんなりと進みそうもない。

 GSOMIAの行方は、まだ最後までわからない。今週は、主要20ヵ国・地域(G20)外相会議が名古屋で行われる。そこで、GSOMIAの破棄を凍結したうえで、徴用工判決や輸出措置の問題を継続協議とする可能性もわずかながら残っている。事実、日韓外交当局はそのわずかな可能性にかけ、必死の調整を続けている。

 どんな選択をしようとも、文在寅政権を待つのは茨の道しかない。

牧野 愛博