日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【#中央日報】北朝鮮漁民の追放を通知した日…文大統領、金正恩委員長を招待

文在寅ムン・ジェイン)大統領が金正恩キム・ジョンウン北朝鮮国務委員長を25日、釜山(プサン)で開かれる韓・ASEAN特別首脳会議に招待する親書を送ったと北朝鮮が21日、公開した。

北朝鮮朝鮮中央通信はこの日「すべてのことには時と場所があるものだ」という見出しの記事で「11月5日、南朝鮮文在寅ムン・ジェイン)大統領は朝鮮民主主義人民共和国の国務委員会委員長が今回の特別首脳者会議(25日釜山で開催される韓・ASEAN特別首脳会議を称して)に参加して下さるよう切実に招待する親書を丁寧に送ってきた」と明らかにした。

通信は「韓国側の期待と誠意は有難いが、国務委員会委員長が釜山に行く適切な理由を最後まで見出すことができなかったことに対して理解していただきたい」と話した。「板門店(パンムンジョム)と平壌ピョンヤン)、白頭山(ペクトゥサン)で約束したことが一つも実現されていない現時点で形式ばかりの南北首脳対面はいっそしないほうが良い」と伝えた。

文大統領がASEAN首脳会議に金委員長を招待したことに対して、北朝鮮は「住所も番地も間違った多国間協力の場で南北関係を議論しようとするから納得できないばかり」とし「子供なら分別がなく牛角の上に卵を積む工夫をしたというだろうが、南朝鮮社会を動かすという人々が自身らの過失を冷静に判断することに息を整える代わりに、水の上に絵を描く考えばかりしている」という口調で招待拒絶の意向を明らかにした。

非公開で伝えられた首脳間親書を相手の同意なしに公開するのは外交的欠礼だ。通信は「文大統領の親書が届いた後にも数回も国務委員会委員長が来られなければ特使でも訪問してほしいという切実な願いがあった」と報じてまるで韓国政府が北朝鮮にすがるようなニュアンスまで漂わせた。

あいにく文大統領が親書を送った5日は韓国政府が開城(ケソン)南北連絡事務所を通じて脱北した漁民2人を追放すると北朝鮮に書面通知した日だ。北朝鮮は一日後に引き受けるという意思を明らかにし、韓国政府は7日に彼らを北朝鮮に送還した。

これに対して自由韓国党のキム・ミョンヨン首席報道官は論評を通じて「わが政府が脱北船員の強制送還の意向打診を(先に)行って金委員長の出席を誘導したのではないかとの合理的な疑問を感じるほかはない」と明らかにした。脱北漁民の追放については拷問等禁止条約など国際法違反をめぐる論議もある。

北朝鮮は文大統領の親書に対して金正恩委員長の返信でない、朝鮮中央通信という官営メディアの報道で立場を明らかにする二重の欠礼を犯した。このため、北朝鮮が親書の公開で韓国政府に対する不満を直接的に露わにしたという分析が支配的だ。

通信は「南朝鮮当局も南北間に提起されるすべての問題を民族共助でない外勢に依存して解決していこうとする間違った立場から脱することができずにいるのが今日の厳然な現実」とし「今この瞬間さえ統一部長官という人は南北関係問題を持って米国へもの乞いをするために旅に立ったというからそもそも自主性も、独自性もない、全てのものを外勢の手中に全面的に押し付ける相手と向かい合って何を協議することができ、何を解決することができるだろうか」と主張した。金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官は20日(現地時間)、ワシントンでスティーブン・ビーガン米国務省北朝鮮特別代表と金剛山(クムガンサン)観光問題について意見を交わした。

東国(トングク)大学のコ・ユファン教授は「金委員長が今年新年の辞でも開城工業団地金剛山観光再開の指示をしたが、年末が近づいても成果がない」として「北朝鮮の最高指導者の『無誤謬性』に傷つき、南北関係を米国の顔色をうかがわずに独自で行動せよという圧迫」と解釈した。

北朝鮮の親書公開には米国と直取引したいという意味もある。通信は「せっかくやってきた和解と協力の薫風を痕跡もなく吹っ飛ばせているにもかかわらず、いかなる対策も立ててない南朝鮮当局が紙一枚の招待で、造成された厳しい状態を手の平をひっくり返すかのように軽く変えられると思うならそれより大きな誤算はないだろう」と主張した。

韓国は2月、ハノイ第2回米朝首脳会談が決裂して以来肩身がさらに狭くなった。さらに、防衛費分担金交渉と韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了決定などで韓米関係が悪化して韓国政府は米国と北朝鮮両方から圧力を受ける「二重苦」に置かれている。

牙山(アサン)政策研究院のシン・ボムチョル安保統一センター長は「北朝鮮は米国と非核化交渉が解決しなければ、南北関係も厳しいと考えているようだ」として「米国との直取引で懸案を解決しようとする態度が固まるか懸念される」と話した。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)は「文大統領の母親の死去に際した金正恩国務委員長の弔問に対して11月5日、返信を送った」としてこの書簡で金委員長を「2019韓・ASEAN特別首脳会議」に招待したと確認した。

10月末、板門店でユン・ゴンヨン青瓦台国政状況室長が金委員長の弔意文を受けたことから11月5日の返信もユン室長が伝えたとみられる。高ミン廷(コ・ミンジョン)青瓦台報道官は「金委員長が文大統領とともに平和繁栄に向けてASEAN10カ国の首脳と一堂に会する、めったにない機会を活用できなくなったことに対して極めて残念に思う」と伝えた。