日本の敵速報

日本の敵に関する記事をまとめていきます

【#中央日報】<グローバルピープル>41年前のウォークマンのように…「ソニーカー神話」書く吉田憲一郎社長

毎年兆単位(韓国ウォン基準)の赤字を免れない会社があった。最高経営責任者(CEO)が長期執権に没頭する間、核心人材は次々とライバル会社に抜けていった。結局CEOは辞めたが莫大な赤字は続いた。7年間(2008~2014年)累積赤字は11兆ウォン(約1兆円)を越えた。このようでは70年続いた伝統の会社が廃業するのは時間の問題のようにみえた。だが、ある人が経営の舵を取るようになってすべてが変わった。

この人物は最高財務責任者(CFO)に就任し、会社の実績を兆単位の黒字に変えた。2018年にCEOに就任してからは創社以来最大の黒字(約10兆ウォン)を出した。この人物こそ日本ソニーの吉田憲一郎社長(61)だ。吉田氏は1983年にソニーに新卒で入社し、それから35年でCEOに就任して「サラリーマンの神話」も書いた。

吉田氏は今月7~10日、米国ラスベガスで開かれた家電・情報技術(IT)の国際見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2020」でも世界メディアの注目を浴びた。人工知能(AI)を活用した自動運転電気自動車「VISION-S(ビジョン・エス)を公開しながらだ。単なるアイデアというレベルではなく、試作品を展示場に公開した。また走行も可能な状態だ。電子メーカーが実際の自動車を作ったという点で、米国CNBC放送をはじめとする主要メディアは「驚き」と評価した。吉田氏は「過去10年のメガトレンドはモバイルだったというのは全く誇張ではなかったように、次のメガトレンドはモビリティーになると信じている」と話した。

VISION-Sには「技術のソニー」が実現できる最先端機能を取り入れている。車両の外部と内部にはレーザーと動画カメラを利用して人と物体を感知する33個のセンサーが取り付けられている。センサーが把握した車両周辺情報はAIとクラウドコンピュータが超高速で分析して事故の危険を感知する。車の鍵はスマートフォンのアプリケーション(アプリ)がその代わりをする。車両内部には5枚のスクリーンと360度の立体スピーカーが設置された。ドライバーや同乗者が事故の心配なく、社内でリラックスしてエンターテインメントを楽しむようにすることに焦点を合わせた。

東京大学経済学部を卒業した吉田氏はエンジニアではなく財務通だが、VISION-Sの開発には初期段階から関与した。日本経済新聞によると、吉田氏がCFO時代に「何か動くモノに取り組んでほしい」と指示したのがきっかけだったという。2年前にCEOを引き受けながらAIの愛玩犬ロボット「aibo」開発チームを中心に本格的なVISION-S開発チームを立ち上げた。過去にaiboを担当した川西泉・執行役員(AIロボティクスビジネス担当)は「(VISION-Sは)20カ月程度、開発作業を進めた」と話した。

吉田氏はVISION-Sにさまざまなグローバル協力会社を引き込んだ。車体の製作はマグナ・シュタイア(オーストリア)、車両部品はボッシュ・コンチネンタル・ZF(ドイツ)、半導体はNVIDIA(エヌビディア)・クアルコム(米国)、デジタルマップはビアテクノロジーズ(台湾)という具合だ。電気自動車・自動運転・モビリティーなどが急速に発展しながら業種が異なる企業が互いに手を握る「異種融合」は珍しい風景ではない。今回のCESでスマートシティ構想を公開したトヨタ(自動車)はパナソニック(電子・建設)・ソフトバンク(通信)と提携した。現代自動車はUber(カーシェアリング)と都心航空モビリティー(UAM)分野で戦略的パートナー関係を結んだ。

ソニーは今後、VISION-Sの安全認証を受けて実際の道路で走行させる計画だ。カメラセンサーなど優れた自社部品を体感してもらうための試験走行だ。1979年ソニーウォークマンを初めて発売した時の広報戦略と似ていた。当時、ソニーは若いスタッフが休日に地下鉄に乗り、ウォークマンで音楽を聞きながら街を歩き回った。ウォークマンの機能と新しいライフスタイルの可能性を消費者に直接知らせたことは「ウォークマン神話」の第一歩だった。

だが現在のところ、ソニーはVISION-Sを大量生産する計画がない。日本経済新聞は「ソニーの本心は車両用センサーを売ること」と伝えた。トヨタフォルクスワーゲンなど完成車メーカーとの競争ではなく、協力を通じて車両用電子部品の売上を高めることが目的だということだ。ソニーは2年前のCESでも車両用カメラとセンサーを活用した安全運転機能をリリースした。当時、完成車メーカーの反応が良くなかったのは、目で見ることができる試作品がなかったためだとソニーは判断している。